今、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)が約30年間、セクハラ行為を繰り返していたことが判明して、米国内では騒然としています。
 その報道を聞いて、私は「さもありなん」と思いました。
        

 ここでいう「セクハラ行為」とは、プロデューサーの女優に対する「枕営業」の強要。これはハリウッドの悪しき風習として昔からいわれてきたことでした。
        

 これについては戦前のセクシー女優、ジーン・ハーローの伝記映画「ハーロー」(1965年)にも描かれています。もっともジーン本人はこれには応じなかったことになっていますが……。
       

 有名なのはジュディ・ガーランド(1922~1969)。
 ぽっちゃりとしていながら、清純派女優として人気がありました。日本にも彼女のファンは多かったと思います。
        

 しかし彼女の伝記を読むと、凄いことが書かれています。
 少女時代のジュディは、オーディションではいつも「あんな太った子はダメだ」と落とされるのに、なぜか主役に抜擢されている。
 審査員が不思議がるその理由は、制作関係者への枕営業によるものでした。
 彼女の枕営業は13歳から。それもMGMの製作担当者を「総ナメ状態」だったといいます。
             

 彼女の代表作はなんといっても「オズの魔法使い」(1939)。
 主役のドロシーを演じたジュディは当時16歳。可愛い少女だと思ったのに、このときからそうだったのか。
            

 そのジュディは、清純そうな容姿とは裏腹にセックス依存症になり、覚せい剤にも溺れ、5回の結婚・離婚をくり返し、荒淫と麻薬で身も心もボロボロになって47歳の生涯を閉じました。
            

 枕営業については、他にもハリウッドの内幕を描いた映画にも出てくるので、「そういうものはあるだろうな」と思っていました。
 それは日本や韓国の芸能界にも存在するといいます。
     

 それにしても彼女の歌う「虹のかなたに」(Over the Rainbow)はよかった。
           

 ♪Somewhere over the rainbow Way up high 
 There's a land that I heard of Once in a lullaby 
 Somewhere over the rainbow Skies are blue 
 And the dreams that you dare to dream Really do come true
       
 どこか虹の向こうの空高く
 子守歌で聞いた国がある
 どこか虹の向こうの空青く
 信じた夢は実現する(訳詞)
         

 今でも名曲です。

     

 14(土)、15(日)に行われた川越まつりが終わりました。
 私は一日目の夕方(16:30ごろ)見てきましたが、いやはやひどい混雑ぶり。
 山車はあちこちに点在していて、動く気配はまったくなし。
    

 何基かが動けば、どこかで遭遇し「曳っかわせ」が始まるのですが、それがないとなればまったく面白くない。
 そのくせ人は混雑する。
 それも本川越からくる人波と、市役所側からくる人波がすれ違うのですが、あちこちでぶつかり合い、怒号が飛び交う。非常に殺気立った雰囲気になりました。
     

 曳っかわせが最も行われるのは連雀町なのですが、そこにある山車は1基だけなので、これではしょうがないと本川越からくる人波に任せて時の鐘方向に進みました。
    

 しかし山車はよほど広範囲に散らばっているのか、一番街で見かけたのはりそな銀行前の2基のみ。(他はわからず。あまりの混雑ぶりに調べようもなかった)
 となり合っているのに曳っかわせもせず、18:00過ぎになると1基は離れて行きました。
      

 18:20過ぎになって、昨日述べたように、この場所で「はしご乗り」が行われ、ここへ移動したご利益を授かりましたが、その後はいっそう激しい混雑ぶりで、押し合いへし合い。剣呑な空気になったので、曳っかわせ(19:00~)が始まる前に引き上げました。
       

 曳っかわせはなぜこんなに遅くなったのか。
 これは5年前(2012)10月21日(日)の模様ですが、曳っかわせは14:00台から行われていました。

3基の曳っかわせ 

 それも2基だけではなく、3基、4基の曳っかわせ。
 まだ日の明るい時間帯から行われ、祭り気分は盛り上がりました。

4基の曳っかわせ 

 それなのになぜ、早い時間帯の曳っかわせをやめたのか。
 これは私の推測(邪推?)ですが、川越まつりの山車などがユネスコ無形文化財に登録されてからは、急に勿体をつけるようになったのではないか。
 「こんな価値ある曳っかわせを早い時間帯から見せることはない」と。
       

 しかし曳っかわせは子どもたちも見たい。それには暗い時間帯では危険。むろん年寄りも。
 真相はわかりませんが、今回の行事プログラムに主催者側の「尊大さ」が感じられました。
 それかあらぬか、昨日は雨。イベントのいくつかは中止になったとか。
 あまり混雑しなかったようなので、むしろよかったのでは。

    

2017.10.15 川越まつり2017

 昨日(10/14)は川越まつりを観てきました。
 毎年行ってますが、あまりの混雑ぶりに、いつも「もうやめよう」と思うのですが……。
   

 今回は少し遅めに行きました。
 

 一番街のあちこちに山車がちらほら。
 ♪テンテケ、テンテケ……ピーヒャラ、ピーヒャラ
 と神楽を踊っています。

一番街の山車① 

 しかし複数の山車が遭遇して囃子を競い合う「曳っかわせ」には至らない。

一番街の山車②    

 それどころか、山車が2基くっついているところがあって、1基が♪ピーヒャラ、テンテケ……をやり始めたので、「すわッ、曳っかわせか」と思ったら、1基が「さようならー」と離れて行っちゃった。なんだ、これは。

曳っかわせと思いきや    

 パンフレットを見ると、曳っかわせは19:00からとのこと。
   

 その代わり「鳶のはしご乗り」を観られたので、よしとするか。

はしご乗り①    

 乗り手も見事だけど、支えるほうも大変だ。
 もっともあまりの混雑で、いい位置から撮れなかった。

はしご乗り②   

 来年はもうやめようかな。

 おまけは「りそな銀行」のライトアップ。

銀行のライトアップ 




 距骨(きょこつ)というのは踝(くるぶし)の内側にある小さな骨ですが、担当医によるとここを骨折するのは非常に珍しいそうです。
 粉砕骨折なのでギプスで固定して、骨が回復して自然に繋がるのを待つというもの。
 そのため入院して最初の1ヵ月は車椅子でした。
     

 ギプスが外されてからは病院内でリハビリと歩行訓練。
 その歩行訓練も右腕が使えないため松葉杖も使えず、難渋しました。
 腕も足も完治してないのに2ヵ月で退院させられ、あとは通いのリハビリ。(そのリハビリも3ヵ月で打ち切られました)
    

 退院してからしばらくは歩くのに苦労しました。
 というのも歩行の際、左足で地面を蹴ることができず、階段を降りるときは左足つま先から着けないからです。
 要はつま先で支えられない。(力が入らないのと痛みで)
 歩くのはなんとかできたものの、階段を下りるときはうしろ向きに下りたほうが楽でした。
  

 この期間は歩くよりも自転車のほうが楽だったけど、信号待ちで停止したときは、左足で支え切れず、何度転倒したことか。
   

 しかしそれも昔の話。
 今は横転することもなくなり、長距離の歩行も平気になりました。2万歩ぐらいはふつう。
 昨年、横浜の旧東海道を歩いたときは4万歩以上。今年4月、9月、横浜を歩いたときも3万5000歩以上は歩きました。
  

 ただしこれには私の「自力」ではなく、医療用ストッキングの助けによるものです。
 最初は足が攣るのを防止する目的でしたが、これを穿くと意外に疲労感が少ないので、長距離を歩くときは必ず穿くようになりました。
 このストッキングは右上腕骨手術の際、麻酔で下半身が冷えるのを防ぐために使用したものですが、療法士によると、脚の血行が良くなるので積極的に利用したほうがいいとのこと。(その後「ためしてガッテン」でもその効能を報じてました)
   

 それでも3万歩以上歩くと、翌日、翌々日は左足首が痛み、歩くのが難儀になりますが、これは仕方がない。
 たとえストッキングの助力であろうと、これだけ歩けるのはありがたいことと思わねば。

    

 この4日ほど夏のような暑さだったのに、今日は一転雨が降って少し寒い。
 寒くなると気になるのは右肩の痛み。
 前にもいいましたが、私の右肩(正確には右上腕骨)には金属が入っています。
   

 これは4年前の夏、剥離骨折事故を起こし、骨を繋ぎとめるため、骨のなか(骨髄)に金属の支柱を入れられ、外れないよう7ヵ所ほどボルトで固定されています。(レントゲンでも見せられました)
   

 退院してから1年間ほどはリハビリを真面目にやったため、順調に回復し、腕はなんとか真上まで上がるようになりました。(執刀した担当医からは「120度ぐらいしか上がらないぞ」といわれていたのですが)
  

 しかしある程度よくなってくると、ちょっと横着になり、リハビリ運動はあまり熱心にやらなくなりました。
 そのツケが回ってきたかな?
  

 「これはいかん」と、最近はエコパの湯舟で肩をぐるぐる回す運動をやっております。
 これをもっとマジメにやれば、肩の痛みはなくなり、もっとスムーズに動くのだろうか?
 確信は持てないのですが、それを目標にやるしかない。

 骨折したところはもう1ヵ所あって、左足の距骨を粉砕骨折したのですが、これについては明日述べることにします。