今日(08/15)は敗戦記念日です。
 そこで最近CS放送で観た「終戦のエンペラー」(米/2012)について述べてみたい。

 1945年8月30日、GHQ最高司令官ダグラス・マッカーサー(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸し、アメリカによる本格的な日本統治が始まると同時に、戦争犯罪人を一斉検挙し、戦争犯罪を裁く活動を開始します。

終戦のエンペラー①   

 アメリカ本国では天皇の訴追を求める声が多数を占めていましたが、マッカーサーは日本を統治・再建することを第一義とし、天皇に戦争責任の有無を部下ボナー・フェラーズ准将(マシュー・フォックス)に調べさせます。

終戦のエンペラー②  

 マッカーサーの命を受けたフェラーズは東条英機元首相、近衛文麿元首相、木戸幸一内大臣、関屋貞三郎枢密顧問官らと接触し、開戦に天皇がどのように関与したかを聴取していきますが、彼らはいずれも責任をなすり合い、日本人独特の「天皇観」を持ち出され、理解不能に陥っていきます。

終戦のエンペラー④ 

 フェラーズは一方で開戦前の学生時代に知り合った元恋人の島田あや(初音映莉子)の消息を知ろうと、静岡に住む叔父の鹿島元陸軍中将(西田敏行)を訪ねましたが、あやは空襲で死亡していることがわかりました。

 さらに鹿島からはこういわれます。
 「日本人に自立した思想はない。あるのは服従・忍耐・奉仕の精神。天皇の元には一致団結して奉仕します」
 では天皇の戦争責任に関しては「天皇は平和主義者であらせられる」
               
 フェラーズは漠然としながらも、「天皇の開戦への意識は希薄だったのではないか」という結論に達します。
 その報告にマッカーサーは不満を抱きながらも天皇の人物像に興味を抱き、赤坂の米国大使公邸で会談が行われました。
 天皇(片岡孝太郎)は側近の制止を振り切ってマッカーサーの握手に応じ、タブーとされていた間近での写真撮影も受け、こう述べました。
 「全責任は自分にあり、懲罰を受けるのは日本国民ではない」

終戦のエンペラー⑤

 これを聞いたマッカーサーは、「日本の再建のためにあなた(天皇)の力を貸してほしい」と応じ、会話は和やかに進んでいきました。

 この映画はアメリカが制作した割には日本に対して好意的に描かれています。
 敗戦後、昭和天皇は象徴として全国を行幸(慰励行脚)し、打ちひしがれた国民を鼓舞し、戦後復興に大きな役割を果たしました。
 マッカーサーたちの目論見は見事に当たりました。

終戦のエンペラー⑥ 

 しかし今の若者にとって天皇にそれほどの力があるとは思えない。
 むろん災害被災地などでは多くの被災者が天皇に声をかけられたことによって、励まされ、勇気づけられるという事実はあるけど、大半の若者は無関心である。
 

 これは戦前・戦中とはまったく違う様相で、私はこれでいいと思うし、おそらく天皇もこうなることを望んでいたと思われますが、一方で靖国に参拝する安倍さんをはじめ、そのお友だち、チルドレンなど保守系の人々が今の天皇に対して冷淡なのが気になります。
 これが若者の天皇への無関心とどうつながるのか。
  

 最後に、邦題「終戦のエンペラー」は、トミー・リー・ジョーンズ扮するマッカーサーの姿とともに見たので、てっきりマッカーサーのことだと思いました。原題は単なる「Emperor」。
 「敗戦のエンペラー」としてくれたら、天皇裕仁のことだとすぐわかるのに。

   

 大宮第二公園にやってきました。
 ここは梅、菖蒲、紫陽花など四季折々の花の名所になりますが、あじさい園の奥に広大な窪地があります。

あじさい園の裏の遊歩道   

 この窪地には中央に池(ひょうたん池)がありますが、これは芝川の調整池(正式名は芝川第七調整池)です。
 調整池とは台風や梅雨前線の大雨のとき、川の氾濫をふせぐために川の水を一時的に溜めて水量を調節する池のこと。

遊歩道からの眺め①   

 涼しい木陰から池を眺めるのもなかなかの風情です。
 (この眺めは大宮二十景のひとつとか)

遊歩道からの眺め②   

 説明書きによると、このあたりは見沼という地名でその名の通り沼地が多く、田んぼとして利用されてきましたが、田んぼを廃止してからは調整池になりました。

ひょうたん池全景   

 ひょうたん池に下りることができます。
 池のほとりには柳の他、数本の木が植えられており、どこからともなく涼しい風が吹いてきます。

柳越しに見るひょうたん池   

 荒川をはじめ埼玉県の河川には、その流域に多くの調整池が見られます。
 これは水害に遭ってきたこれまでの歴史が行政に活かされていると考えられ、今後もこの光景は変わることはないと確信しました。

釣りをする人々 

 父と子の釣り糸垂れし敗戦忌

     

 20年ほど前、仕事仲間数人と映画の話をしていたとき、イラストレーターの女性がが「『八月の鯨』が好き。お婆さんがとっても可愛いの」といいました。
  

 「そんな可愛いお婆さんの映画なのか」
 そう思ってビデオを借りて観たけど、ふたりのお婆さん姉妹を中心とするやり取りで、それほど可愛いとは思えなかった。とくに感動した映画でもなかったし。

若き日の回想   

 ところが今回CS放送のイマジカムービーで放映されたので、改めて観ました。
 原題「The Whales of August」(米/1987年公開)、監督はリンゼイ・アンダーソン。

 アメリカ・メイン州の小さな島の別荘で暮らすサラ(リリアン・ギッシュ)とリビー(ベティ・デイヴィス)の老姉妹は、8月になると入り江に鯨がくるのを楽しみにしていた。
 今はふたりとも夫に先立たれ、子どもたちとは別れて暮らしている。

サラとリビー   

 リビーは目が不自由になり、わがままになっているが、サラには若いころ夫が戦死したとき、リビーに面倒を見てもらった負い目があり、今はリビーの面倒を見ている状態。
  

 別荘には幼なじみみのティシャや修理工のヨシュア(ハリー・ケリー・ジュニア)、近くに住むロシア移民のマラノフ(ヴィンセント・プライス)らが訪ねてきて、お茶を飲んだり食事をしたりして和やかなひとときを過ごすが、リビーにとってはあまり面白くない。

客人たちと   

 居間の窓を大きくすることを提唱するヨシュアについては「金儲けのため」と疑い、魚をくれたり、さばいてくれたりするマラノフについては「こっちに入り込みたいからだ」といい切って、サラに辛く当たってしまう。
  

 マラノフは料理上手で知識も豊富。楽しく会話のできる人間だったが、リビーのすげないことばに去っていく。

右はマラノフ   

 リビーはある意味ではマラノフの本心を見抜いていたのかもしれない。しかしサラの落胆した姿を見ると心が痛む。
 翌朝、リビーはヨシュアが勧めていた窓を大きくする工事を承諾し、「鯨を見に岬まで行きましょう」とサラを誘いました。

鯨が見えるかしら 

 以前は鯨がどうしたということばかりが気になってよくわからなかったけど、今回は人物構成がよくわかりました。
 こちらも齢をとっているので、身につまされるところはあります。
 とくにマラノフの生き方について。
 いわば放浪の人生ですが、私は彼と違って自分で自活して生きたい。
 それを教えられた映画でした。

 昨日(08/11)は高校野球を観ていましたが、最も注目したのは第二試合の横浜(神奈川)vs.秀岳館(熊本)。注目というよりはほとんど横浜の応援ですが。
  

 横浜は渡辺元智監督が引退してから甲子園では勝てなくなったけど、今年はドラフト候補とされる強打者・増田珠外野手(3年)を擁し、有力校に挙げられていました。
 

 ところが開始早々、秀岳館は先頭の竹輪涼介外野手(3年)が右翼線への三塁打で出塁すると、続く2番・半情冬馬内野手(3年)が左犠飛。試合開始からわずか3球で先制点を挙げました。さらにクリーンアップが3連打を放ち、この回3点。三回にも敵失で1点を追加。

一回表、秀岳館は犠牲フライで早々と先取点 

 このあたり秀岳館の抜け目なさが目につくけど、以前の横浜なら相手にこんなことはさせなかった。それどころか攻撃においても走塁ミスや併殺でチャンスをつぶし、なかなか点が取れない。
  

 それでも五回裏、増田を三塁において右犠飛で1点を返し、七回表、秀岳館に2死満塁から代打・橋口将崇捕手(2年)の右前適時打で2点を挙げられたものの、その裏、横浜は2死一、三塁から6番・福永奨捕手(3年)が左中間への3ランを放ち、2点差としたときは、「ここから反撃だ!」と思いました。

七回裏、横浜は3ランホームランで2点差に 

 しかし八回は一塁走者が刺されるなどの凡ミスでチャンスをつぶし、九回もいいところなく凡退して試合終了。6-4で秀岳館の勝ち。
         

 秀岳館 3 0 1 0 0 0 2 0 0=6
 横 浜 0 0 0 0 1 0 3 0 0=4

試合終了のあいさつ   

 この試合は鍛治舍巧・監督に率いられた秀岳館の試合運びの「巧み」さが目立ちましたが、そもそもこういう野球はかつての横浜がやっていたこと。そのお株を完全に奪われました。
                   
 今の横浜は打力はいいのかもしれないけど、守備、走塁が雑になっている。投手だって数は多いけど、(かつての松坂のような)絶対的なエースがいない。
 これでは神奈川大会で勝てても、甲子園では勝てないぞ。
        

 なんとも消化不良で、口惜しい思いの試合でした。

   

 川越市の西部、小畔川のほとりに「御伊勢塚公園」があります。

公園入口のモニュメント 

 雑木林が鬱蒼と繁り、中央にひょうたん池、そして芝生広場。いかにも涼しげ。
 このひょうたん池はおそらく小畔川の調整池になっているものと思われます。

御伊勢塚公園のひょうたん池   

 「いやあ、昨日は暑かったねえ。自転車に乗ってても、顔に当たる風が暑かった」
 「そりゃそうだよ。こっちでも37度というから体温以上。熱い湯をかき回すのと同じだよ」
 「なるほど、それでか」
 池のほとりの四阿では、おじさんたちが気候の話をしています。

池のほとりの四阿   

 「それに比べると今日(08/10)は楽だな。湿気はあるけど、気温が低いから」
 「それはそうと、今日は花咲徳栄ですな」
 「そう、今やっているはずだけど、どうだった?」

ひょうたん池の噴水    

 あとできたおじさんが、
 「さっきまでTVで観てたけど、徳栄がリードしてた」
 「リードしててもわからんぞ、甲子園は」
 (結果は花咲徳栄が9-0で島根の開成に勝ちました)

ドーム型の四阿   

 こんな公園でおじさんたちの四方山話を立ち聞きするものいいかな。
 なお「御伊勢塚公園」の名前は、ここに伊勢信仰の塚があったことに由来するそうです。