茶飲み話が終わって、我われは外に出ました。
 クレアモール商店街です。

 「多くの川越市民はこの通りを自慢するけど、大した通りじゃないのになあ。なぜ蔵通りや喜多院を自慢しない」
 「それが地元民と観光客との意識の違いだよ。地元民はあくまでも生活が大事なんだよ」
 「なるほど。そんなものかね」
クレアモール商店街 
 友人は「まるひろ」(デパート)の向かいの花屋さんに寄りました。
 「仏壇に供える花を買おうかと思ってね。うちの近所にはいい花屋がなくてね。わざわざここまでくるんだよ」
 といいながらも、「ここは高いなあ」といって買わずじまい。

 「この先は大正浪漫通りだよ」
 「知らないなあ。もっとも行けばわかると思うけど。大体あんたは地元民より川越をよく知ってるなあ」
 「しょっちゅうきてるからね。自転車で」
 「徘徊ですか」
 「そう、徘徊」
大正浪漫通り 
 とある瀟洒なマンションの前で友人がいいました。
 「金があったら、妻と別れてここに住みたいなあ。ここなら交通の便はいいし、食べるものには不自由しないし」
 「それはいいけど、そんな金あるのか」
 「あれば、の話だよ」
 「たら、ればならなんとでもいえるよ。オレだって(金があったら)金沢八景に住みたい」
 「あそこは津波が心配だからいやだ」
 「津波がこわくて湘南に住めるか」
食事処は長蛇の列 
 ほどなくして大正浪漫通りへ。
 「ああ、ここ知ってるよ。何度もきてる」
 「やっぱりなあ」
 食事処はどこも長蛇の列。やはりシルバーウィークだからでしょうか。
例の喫茶店 
 このあと蔵通りからクレアモールに戻って、以前よく入った喫茶店へ。
 珈琲が美味く、拙句「語り合ひ珈琲冷める春の午後」の題材となった店でもあります。
 しかし入口に「体調不良のためしばらくの間お店を休業させていただきます」の張り紙。
 閉店状態が続いています。
店主の愛車 
 友人にいわせると体調不良とは心の病。酒の飲みすぎもあるようです。
 駐車場の店主の愛車はそのままでした。早く快癒してくれい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/967-e646f4d4