昨日(09/11)のTVニュースでは、洪水のなか電柱につかまっていたおじさんのことが何度も取り上げられていました。
 濁流に流されても電柱なら流されないだろうという「冷静な」判断をキャスターはしきりにほめていました。
濁流が家を呑み込む 
 しかしこのおじさん、なぜ流されたかというと、堤防が決壊したと聞いて、わざわざ見に行ったわけでしょう。なにが冷静な判断だ。
 現地のアナウンスはなかったかもしれないけど、以前から「水位が上がっている河川には近づかないように」といわれていたはず。
 助かったからよかったものの、救助ヘリの手を煩わせてるんだぞ。人騒がせな。
 私にだって、水位の上がった河川を見たいという願望はあります。
 しかしそこをぐっとこらえるのが「分別ある」大人というもの。
 というわけで雨の上がった昨日、近所の河川を見に行ってきました。(なんのこっちゃ)

 まず手始めは新河岸川。
 なんの変りもなく、平然と流れている。
新河岸川 
 次にびん沼川・
 ここは荒川の傍流というもので、荒川の水量を調整する役割があります。
 そのためふだんより水位は上がっているように見えました。
びん沼川 
 そして真打の荒川。
 これを治水橋から見ました。
 濁流です。しかもふだんより水位は高く、流れも急。
 やっぱり大雨の影響はあったようです。
治水橋より見る荒川 
 しかし水位はどれぐらい上がったのか。河川敷を超えたのか。
 河川敷を見ると、野球場の内野の部分が水浸し。外野は芝生のため水はけがいい?
 うーん、軽々に判断はできないけど、一時的に河川敷も水浸しになったのかな。
荒川河川敷① 
 これか大雨後の河川の様子でした。
 なんの報告にもなってない?
 失礼しました。ただの徘徊です。(しかし救助ヘリの手は煩わせてないぞ)
荒川河川敷② 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/954-848322f2