N産業はベトナム戦争が終ると衰退し、ディーゼルエンジンを製作する会社と合併、さらにK機械という大きな会社に吸収合併されて、移転しました。

 その跡地には高層住宅(ビーコンヒルズ)とイトーヨーカドーが建ちました。
 おしゃれなショッピングセンターもあり、当時の面影はまったくありません。

イトーヨーカドー②

 今回そこを歩いてみて、京急のしたたかな宅地政策を垣間見ました。
 駅名を谷津坂から能見台に変えたのは、もう少しディープな事情があったのではないか。
 これから先は、あくまでも私の推測です。
        

 そもそも谷津というのは谷戸、谷の集落のことで(〇〇谷戸とはある種の蔑称)、宅地販売するにはイメージが悪い。
 さらにいうと、谷津坂駅の歴史はD兵器→N産業という軍需産業とともにあった。
 谷津坂といえば、「ああ、兵器工場のあったところね」といわれかねない。
      
 そうしたダーティなイメージを払拭し、魅力ある住宅地として売り出すには、なんとしても駅名を変える必要があった。

ビーコンヒルズ①

 こうして昭和57年(1982)谷津坂駅は、江戸時代の景勝地にちなんだ駅名「能見台駅」に生まれ変わりました。
 駅前にはおしゃれな店が建ち並び、商店街は活気を帯びてきました。
 駅名だけではなく、町名も谷津坂から能見台に変えたことによって、分譲地は売れ、地価も上がりました。
     
 人口は急激に増え、一日平均乗降者数は2013年度で31,758人。30年前より倍増しています。
 駅の周辺はおしゃれな住宅街に変身し、今では「横浜で住みたい町」の上位にランキングされています。
 京急の計画は見事に成功したのです。

 ビーコンヒルズ②

 私はN産業を取材したというのに、それが軍需工場だとは思いもしなかった。
 それを知ったのは、今回、能見台に行ってから。
 ついでに京急の宅地政策も知りました。
 これも今日まで生きたればこそ。やはり長生きはするものだと思いました。
      
 ※このシリーズは旧ブログ2012/10/15~17に投稿した記事をリメークしたものです。 
 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/949-e0531f42