昨日(08/31)は所用があって上野に行き、不忍池に寄りました。
 実はほぼ3ヵ月前(06/03)にも寄ったのですがそのときとはまるで景色が違いました。
「蓮の葉が伸びている!」
8月31日撮影 
 ちなみに6月と昨日では葉の高さがまるで違います。
6月3日撮影 
 弁天堂も。
6月3日の弁天堂 8月31日の弁天堂
 おどろいたことに蓮の花が咲いています。
 蓮の花の開花期はふつう7月~8月中旬、それも朝のみ、といわれています。
 6月の時点ではまだ咲いてなかったのですが、もう終わりになって見られるとは。
蓮の葉に水滴が 
 ここの蓮のメインは大賀蓮です。
大賀蓮① 
 大賀蓮とは、(説明によると)大賀一郎博士(1883~1965)が昭和26年(1951)千葉県検見川の東京大学運動場の地下の青泥層より発掘した実を発芽・開花させて得られた系統で、古代蓮と呼ばれているとのこと。
 不忍池の大賀蓮は、東京大学で育てられてきた蓮根を分けていただいたものだそうです。
大賀蓮② 
 大賀蓮といえば、府中に住んでいたころ、近くの寿中央公園にも咲いていました。
 ここも「大賀蓮発祥の池」と称していましたが、これは大賀博士が府中市に住んでいたことによるもの。
 実は5日前の8月27日、府中に行ったときこの公園にも寄りました。
 しかし蓮の花はとっくに終わり。(舞妃蓮なんて府中市が名づけた?)
府中市寿中央公園の大賀蓮 
 それを思うと不忍池の蓮の花は健気です。
 「あんたはエライ!」
 と褒めてあげたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/943-62cd95d4