2015.08.27 眼科検診
 昨日(08/26)は午前中近くの病院の眼科に行ってきました。
 4年ほど前からドライアイと診断されてから、2~3か月に一度(実態は点眼薬が切れたら)受診するようになりました。
 今回は目ヤニが出て(情けない)、ヒリヒリするような痛みを感じたので、点眼薬(ヒアルロン酸)の使用頻度が多くなり、早くなくなりました。
病院 
 まずは検診の前の視力検査。
 片方ずつ分厚いレンズをつけて、視力検査表に示された輪っか(ランドルト環)の切れている方向を答えるというもの。
 「これは?」
 「右です」
 「これは?」
 「下」
 「これは?」
 「左……」
 と、小さい輪に移行していくのですが、私は「わかりません」と答えるのが口惜しいので、すべて答えています。

 これを以前取手の友に話したところ、
 「そんなんあかんで。わからんときは『わかりません』といわんと検査にならん。そもそも『口惜しい』とはなんや。クイズとは違うで」と笑われました。

 とはいえ当てずっぽうに答えていても、外れていたら検査技師の方は同じ大きさの輪を指すので、おそらく見破られていると思います。

 次に主治医による診察。
 「最近、目ヤニが出るんですけど」
 「湿気が多いとどうしてもね。あ、これは結膜炎ですね」
 「結膜炎、ですか」
 「そう、今回は点眼薬を変えましょう」
 と目を洗って終わり。
 薬局で「ペガモックス」という点眼薬を処方されました。

 夜になって目がヒリヒリしてきたので点眼薬をつけたところ、うッ、沁みる。
 それでもしばらくそのまま目を閉じていると、沁みは収まり、ヒリヒリ感もなくなってきました。なるほど、これが点眼薬の効果というものか。

 当分はこれをつけることになります。
 改善すればいいのですが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/938-15d7f773