昨日(08/20)は全国高校野球・決勝、東海大相模vs.仙台育英戦を観ました。
 友人は「準決勝の仙台育英vs.早実戦が事実上の決勝戦。したがって仙台育英が勝つだろう」といってたけど、私は「今年の東海大相模は強い」と思いました。
 というのも、神奈川大会の決勝では(強いはずの)横浜に圧勝(9-0)したからです。
三回裏
 案の定、相模は初回に先制点を挙げ、さらに三回も加点して4-0。
 四回裏に仙台育英が長短打で3点返したものの、四回表にまた加点、6-3に。
 このあたりは仙台育英の佐藤世那投手の疲れがあったかもしれませんが、甘い球を見逃さず、卒なく点を挙げて、完全に相模ペース。
六回裏 
 しかし六回裏、仙台育英は2死満塁から佐藤将がさんざんファールで粘って、センターオーバーの三塁打。走者3人が帰って6-6の同点に。
 「これは仙台育英、行けるのではないか」と思いました。
決勝ホームラン 
 ところが九回表、先頭で打席に入った小笠原〈投手〉が初球を軽くひと振りすると打球はぐんぐん伸びて右翼席へ。佐藤世那投手の球も甘かった。
 これには伏線があります。
 八回裏二死から小笠原投手の球が仙台育英の打者の胸元を掠め、死球で出塁と思ったら、ストライクの球に当たったということで打者アウト。この打者が出るとうるさかっただけに小笠原投手は助かりました。
 その安堵感から小笠原投手は楽な気持ちで打席に入ったと思います。
球はライトスタンドに 
 これで仙台育英の緊張感が切れ、エラーも出たりして10-6に。勝負ありました。

 東海大相模 2 0 2 2 0 0 0 0 4=10
 仙台育英  0 0 3 0 0 3 0 0 0= 6
ホームランを打った小笠原選手 
 うーん。私としては仙台育英が勝って優勝旗を東北に持って行ってほしかったけど、こればっかりは仕方がない。
 今年の甲子園大会を振り返ると、関東勢、東北勢の強さが目についたけど、関西勢はわずかに鳥羽〈京都〉が頑張っただけで、地盤沈下が感じられました。
試合終了 
 私には以前から「関西の強豪校はなにをやってくるかわからない」という関西恐怖心(?)があったのですが、今年は呆気なかった。これはこれで寂しい気もします。
 
 つくづく人間は〈私は〉勝手なものですが、ともあれ高校野球は終わりました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/932-34dfdb89