一昨日(08/08)、昨日(08/09)は高校野球を観ました。
 注目は早稲田実(西東京)vs.今治西(愛媛)。やはり清宮選手(1年生)です。
 どんな凄い打者なのか。

清宮の打撃 

 一回のチャンスには凡フライ。これは力が入ったからか。
 しかし七回のチャンスではライト前にタイムリーヒットを打ちました。これは自然にバットが出た形で打球も早かった。

清宮選手 

  専門家によると、清宮君は振りは鋭く力はあるがまだインコースに弱点があるといいます。
 一回がその典型例で、これは差し込まれたため。今後対戦する投手のインコース攻めが予想されますが、彼がどこまで克服できるか。試合は早実の勝ち。

早実の守備 早実の打線爆発

今 治 西  000000000=0 
早稲田実 30000030 x=6

早実の勝ち 

 第2試合は敦賀気比(福井)vs.明徳義塾(高知)。
 敦賀気比は選抜優勝校。明徳義塾は優勝経験もあり、しぶとい。かつて星稜の松井選手(→巨人→メジャー→フリー)を5連続敬遠して不評を買ったこともありますが。

 私は秘かに「明徳が勝つのではないか」と思いました。
 案の定、明徳は序盤から点を取り3-0とリード。対する敦賀気比はチャンスがあるものの詰めを欠き、大振りが目立ちました。
 とはいえ六回のホームランでやっと打線に火がつき、八回に同点。最後は十回2死満塁でタイムリーが出て、さよなら勝ち。

敦賀気比、決勝タイムリー

 明徳義塾 1020000000 =3
 敦賀気比 0000020101x=4

敦賀気比、サヨナラ勝ち 

 この試合、五回裏の敦賀気比の攻撃で、ホーム寸前タッチアウトは捕手が完全にホームベースを塞いでいました。これは高校生のルールでは走塁妨害になるのでは?

ホーム寸前タッチアウト 

 敦賀気比が勝ったからよかったものの、負けていたらあと味の悪い試合でした。

 昨日の津商(三重)vs.智弁和歌山(和歌山)は津商の勝ち。
 
 津      商 000111312=9  
 智弁和歌山 200000020=4

 また天理(奈良)vs.創成館(長崎)も創成館の勝ち。

 天 理(奈良)000200000 =2
 創成館(長崎)000200001x=3

 智弁和歌山も天理も関西の強豪校。それが簡単に初戦敗退というのは意外でした。
 むろん津商の打線は強力だったし、創成館は投手力も守備もよくしぶとかったといってしまえばそれまでですが、強豪校の衰え(?)が感じられます。

 このところ高校野球の傾向として東高西低(?)。東北勢の健闘が目立ちます。

 それかあらぬか仙台育英(宮城)vs.明豊(大分)は仙台育英の圧勝。

 仙台育英 503002020=12
 明  豊 000000000=1

 東北勢では花巻東(岩手)も勝っています。どこまで勝ち残れるか、楽しみです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/921-77836e9e