高い工費のため非難轟々だった新国立競技場について、安倍首相は「計画を白紙にもどす」と表明しました。
 これはアメリカに約束した安保関連法案を衆議院に通し、法制化できる目処がついたので、安倍にとってはどうでもいい「新国立競技場問題」を世間に迎合したのです。

 それに競技場の形を変えたところで、IOCが「NO。そんなことしたら東京オリンピックを召し上げるぞ」などというわけがない。
 案の定バッハ会長は「デザインの変更は問題ではない」といっている。
 そりゃそうだ。IOCだって今さら他の都市へ変更できないからね。
 こうなったら日本はもっと強気になって、できるだけ低予算のショボイ競技場をつくってやれ。

 ところで最初の新国立競技場のデザイン(ザハ・ハディド案)、誰が決めたの?
 録画で見る限りでは建築家の安藤忠雄氏がザハ案を推奨しています。
 ところがその安藤氏は「どうしてこんなに高くなったのか、私も知りたい」
 コストがかかるというのは、ザハ案を改めて試算したところ3,000億かかると出たわけで、安藤氏はそこまで見抜けなかったのか。(これは責任というより能力の問題?)

 では誰の責任かというと、文科省と森喜朗オリンピック会長が責任のなすり合いをしています。
 しかし発言などから推理すると、「2,500億円ぐらいの金がどうして出せない」と未だにいっている森喜朗でしょう。
 この人にとってみれば自分の金ではないから工費にいくらかかろうと知ったことではない。
 立派な競技場でオリンピックと、自分が会長を務めるラグビーのW杯をやりたかった、ということで、この人が真の責任者。即刻会長辞任しろ。

 その森喜朗、競技場のキールアーチの屋根については、「生ガキみたいなスタイルはもともとイヤだった」などとトボけたことをいっている。だったら最初からいえ。
 このキールアーチの屋根については評論家の大宅映子さんがこんなことをいいました。
 「あの形は女性器に似ていて多くの女性が不快感を抱いていた」
 エエーッ、そんなこと初めて聞いたぞ。本当かね。
 これも「だったら最初からいえ」の類(?)だけど、いいにくいか。

 日本人は責任を取らない、という体質は私自身、同窓会の幹事をやってみて痛感しました。
 郷里在住の元学級委員と連絡を取り合っていて、いざ具体的にアクションを起こすとなると、「いやや、そっちでやって」と名簿を投げてよこしました。
 こうなればしょうがない。オレが責任とったるわい、と腹をくくって動き出したら、「全面的に協力するから、なんでもいって」
 これが彼なりの精いっぱいの誠意。でも責任はとらないからね。

 そんなことよりオリンピックそのものができるのか。私はそっちのほうに関心があります。
 東京五輪についてはもともと反対で、「TOKYO」に決ったとき、非常に不快でした。
 その直後これを京都の友人にいうとこういいました。
 「心配するな。福島原発の汚染水処理が行き詰って7年後はオリンピックどころではなくなる」
 彼は元電気工事の技師で原発の構造は熟知しています。

 その彼がいうには、原発の汚水は溜まる一方。浄化するには60~100年ぐらいかかる(まさに負の遺産)。したがって巨大な水槽をつくり続けるしかない。しかしそのころには水槽をつくる余地があるかどうか。
 そこで海へ流すのではないか。そうなると国際的に大問題になる。
 これに関しては茨城県に住む友人も「すでにこっそり流しているのではないか」といいます。
 彼のいう「心配するな」とは、「どうせできなくなるのだから、反対、反対などと叫ぶ必要はない」という意味です。

 どうなることやら。
 私は静かに見守ることにします。それまで生きていれば。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/901-7424af4b