昨日(07/16)は朝から大雨。
 いくら徘徊好きの私だって、こんな日は出かけません。晴耕雨読ならぬ「晴徊雨観」。
 「観」とはDVD観賞。
 実は友人と日暮里→谷中を歩いた日(07/14)、日暮里のDVD店で中古の洋画を2本買いました。これはそのひとつ。マカロニウエスタンの「さすらいの一匹狼」(1966)
さすらいの一匹狼① 
 「またマカロニか」と思われるかもしれませんが、これはマカロニファンを自称する当方が不覚にも見逃した作品。ニコ・フィデンコの主題歌はさんざん聴いたし、スコープ付のライフルは当時話題になったけど、観る機会がなかった。こんなところに転がっていたとは



 賞金稼ぎランキー・フェロー(クレイグ・ヒル)が小高い丘から下を見ていると、騎兵隊を山賊が襲い、金を奪うところを目撃します。
 ランキーは望遠照準器付きライフルで遠距離から山賊をひとりずつ射殺していき、首領(フェルナンド・サンチョ)も屠り、無事金を取り戻して町に帰ってきます。
さすらいの一匹狼② 
 ランキーは金を守った報奨金を銀行から受け取り、さらに山賊の首領に掛けられていた懸賞金も受け取りますが、町の富豪から「盗賊から金塊を守ってくれたら、報奨金をさらに倍増しょう」と賭けを持ちかけられます。
さすらいの一匹狼③ 
 その盗賊とは、弟を殺した仇ケネベック(ジョージ・マーティン)とその一味。
 ランキーはその賭けに乗り、町ぐるみでケネベックらを迎え撃ち、銀行にダイナマイトを仕掛けて山賊を一網打尽にします。
さすらいの一匹狼④ さすらいの一匹狼⑤
 ひとり生き残ったケネベックは、ランキーに決闘を挑みます。
 ランキーが手にしたスコープ付きライフルを指差し、「それで百発百中か」
 「使いたければ貸してやるぞ」
 ケネベックがその銃で狙いを定めたとき、ランキーのピストルの弾はスコープに命中し、眼を撃ち抜いていました。
さすらいの一匹狼⑥ 
 この映画は、銃撃戦は派手だけれどもマカロニ特有のギラついた重量感に欠けます。
 例えば町の資産家や銀行の頭取など、ひとクセありげな連中で、ランキーに罠を仕掛けるのではないかと思ったけど、そんな罠はなにもない。金塊の隠し方に工夫があっただけ。
さすらいの一匹狼⑦ 
 ランキーとケネベックの決闘シーンでも、300m以上の遠距離ならいざ知らず、せいぜい50mほどの近距離ではスコープ銃の威力は発揮できない。それにまんまとハマったケネベックの間抜けぶり。
 悪人たちが意外に呆気なかったのが当方には物足りなかった。
 娯楽映画といってしまえばそれまでですが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/898-afa77203