「彼岸花」(1958)がつくられたのは「東京暮色」の翌年。同監督初のカラー映画です。

 大手企業の常務である平山渉(佐分利信)は長女・節子(有馬稲子)の縁談に気を揉んでいましたが、ある日会社に現れた谷口(佐田啓二)から節子と付き合っていること、結婚を認めてほしいといわれ、驚くとともに不快感を抱きます。


 一方旧友三上(笠智衆)からは、家を出て男と暮らしている娘・文子(久我美子)の様子を見てくれないかと頼まれ、銀座のバーで働いている文子を訪ねます。

 平山は文子には理解を示しますが、自分の娘・節子には無理解。
 妻・清子(田中絹代)や次女・久子(桑野みゆき)も間に入って「谷口さんはいい人よ」とか「お似合いのカップルだわ」と褒めそやしても、ますます頑なになります。



 そんな折、平山の馴染みの京都の旅館の女将(浪花千栄子)の娘・幸子(山本富士子)が上京し、平山に自分の結婚に母が強硬に反対していると悩みを打ち明けます。
 それを聞いた平山は、「そんなお母さんの意見など聞く必要はない。好きな人と結婚すればいいじゃないか」といいます。


 これに対して幸子は、「じゃあ、いいのね、好きな人と結婚して。節子にそう伝えるわ」
 これは節子の仕掛けた罠で、すべて芝居でした。
 さらに家に帰れば妻から、人の娘と自分の娘に対する態度の矛盾を衝かれ、ますます不愉快になっていきますが、最終的には節子の結婚を認めざるを得なくなります。

 この映画には終始違和感を覚えました。
 父の世代と娘の世代が、自らの結婚に関してこんな会話を交わすだろうか。


 私には娘はいませんが、親戚や友人・知人に息子と同世代の女子は何人かいます。
 その娘たちとは小さいとき息子と一緒に遊んだことはありますが、年ごろになってこんな会話を交わすなど、まったく考えられない。(向こうも同じでしょう)


 逆に私たちが若者のときでも、親の世代に自分の結婚話を相談したことはないし、まったく考えられなかった。
 何人かの女性に聞いても同じでした。それどころか父親の友人なんか会ったことがない、という女性も。


 するとこれは私たちよりもっと上の世代?
 仮にそうだとしても、父親と娘の世代でこんな会話を交わす風潮が本当にあったのだろうか。
 私はなかったと思います。


 これは小津安二郎の「こうあってほしい」という父と娘の姿。
 むろん劇映画はフィクションだからそれでいいのですが……。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/881-27a80f66