昨日(06/10)は梅雨の晴れ間とのことで、朝早くから電車に乗り、「くりはま花の国」(横須賀市)へやってきました。
 三浦半島に関しては、昨年は三崎漁港には2回も行き、佐島、秋谷など西海岸にも行ったので、ある程度知り尽くして(?)いるつもりですが、久里浜はまだきたことがなく、一度は訪れたいと思っていました。
くりはま花の国・入口 
 そして久里浜の名所といえば、「くりはま花の国」
 TVのニュースなどで、季節の折々にここの花の風景が映し出されるので、興味も涌いたのですが……。

 きてみると、とにかく広い。しかも山を切り開いた(戦後はしばらく米軍の倉庫)公園で、高低差が激しい。入口からポピー・コスモス園を通る道はいきなり上り坂(整備はされているけど)。
 「これを上るのか!」
右は上り坂、左は刈り込み中のポピー園 
 もっとも「フラワートレイン」という機関車を模したバスがあって、それに乗れば楽なのですが、それだと散策の楽しみがない。

 しかしこの時期ポピーは終ったところで(06/07が刈り取り日)、業者の方が整備してました。
 はなはだ殺風景ではあります。(一面のポピーは壮観だったろうなと思うとよけい)

 それで坂を上った果報はあって、展望デッキから見る景色がなかなかいい。
 遠く久里浜の市街地が見えます。
 ますます山を実感。(ここは「天園」か)
向こうに市街地、手前は刈り込み中のポピー園 

  さらに奥に(実際はU字状になっている)進むと、遊園地に出ました。
 しかもその中心にゴジラの像が……。
 しかも滑り台になっていて、子どもたちがなかに入って滑ってました。
 (当方も写真は撮ったけど、滑るわけにはいかず)
冒険ランド
 これはゴジラの上陸地が観音崎の灯台近く(たたら浜)だったから、(広い意味では横須賀なので)それにちなんで建てたのかなと思ったのですが、以前はたたら浜にあったゴジラの滑り台が老朽化で壊されたあと、ゴジラ滑り台の復活を望む声が強くなり、多くの寄付金とゴジラを製作した東宝の協力によって、ここに建立されました。(1999年)
 身長9m、全長10m、重さ5t、強化プラスチック製だそうです。(解説板)
ゴジラの正面 上り口 後ろ(滑り台)

 この遊園地の遊具は「乗物」ではなく、すべて体力を使うもの。
冒険ランドの遊具類 
 したがって山頂まで行くには階段を上るだけではなく、ロープの橋など様ざまな遊具を渡らねばならない。これは老体にはキツイ。しかし何とか上まで渡りました。しかし……。
ここを渡った ここも…… 渡っているところ(下に見えるのは当方のブーツ) 
 帰りもまた厄介。
 ロープの橋を渡るのはもういやだ。ロープの梯子段(袋状になっている)を下りるのはもっといや。
 仕方なく、全長45mのロール滑り台で下りました。
 ええ年したオッチャン(ジイサン?)がなあ。
滑り台を滑っているところ
 子どもが不思議そうな顔して見てたけど、こちとら(子どもの目など)どうでもいい。
 これしか方法がないんだから。
 滑り心地?
 うーん、あまりよくなかった。背中のデイバッグが邪魔だろうと抱いて滑ったけど、足を投げ出しているので、ときにバランスを失って背中をつく有様。
ここを滑り下りたのか 
 滑り終わって、滑り台を見たらけっこう長い。
 この年でよく滑ったよ。
斜体文
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/863-466541ea