おかしなことになりました。
 自民党など各党の推薦で参考人招致された憲法学者3人が、集団的自衛権を行使可能にする新たな安全保障関連法案について、いずれも「憲法違反」との見解を示しました。
 政府与党としては、反対意見はどうあれ、自分の御用学者だけは「合憲」というはずで、それを錦の御旗にして押し切ろうと思っていただけにショックでしょう。

 それでも官房長官や防衛大臣などは、「いや、あくまでも憲法の範囲内」といい張っていますが、仲間の国を助けるために海外に派兵し、武器をとるのは明らかに憲法違反。

 ちなみに憲法九条とは、
 (1)日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 (2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


 ちょっとわかりにくい文章ですが、要するに「理由はどうあれ、他国で武力行為をしてはならない」ということ。
 与党の主張する「集団自衛権」の行使が憲法違反であることぐらい中学生でもわかります。

 これが無理くりな法案であることは、官房長官、首相をはじめ与党の人たちも(内心)気づいているのではないか。
  
 ではなぜこれを押し通そうとするのか。
 前にもいましたが、これらの法案は首相個人のイデオロギーでもなく、自民・公明の(イデオロギーによる)政策でもありません。(首相にイデオロギーがあるとは思えないけど)
 彼らは与党についた以上、与党の政策をやらざるを得ない。

 その政策とは「ひたすらアメリカのポチを続けること」で、これは外務省をはじめとする官僚の国家政策。
 これは現在の世界情勢のなかで日本の立場を考えると、やむを得ない面があります。
 とくに中国と確執(机の下での蹴り合い)を考えると、アメリカの武力に頼らざるを得ない。
 そのアメリカからは「これからは御主人のために汗を(血を)流さなければ、助けてやらないぞ」といわれている。
 「これは大変。なんでもやりますゥ」
 ということでポチから番犬、そして軍用犬になる方向に舵を切った。(その先は闘犬でしょう)

 そのため自衛隊はいっそう危険にさらされ(死者が出るかも?)、沖縄はいっそうの負担を強いられ、原発は廃止されることなく(これもアメリカの要請)、東北の復興は遅れるでしょう。
 それでも日本全体の国益を考えればプラスである。

 これが政府与党の考えです。
 妙な話ですが、私はこれをじゅうぶん理解しています。
 それでも賛成はしません。
 個々の痛みを犠牲にした上での「日本全体の幸福」などあり得ないし、そこに政権側の謙虚さが見えてこないから。

 「おっしゃる通り憲法違反です。しかし今の日本の状況を考えると、これ(アメリカに追随すること)しか道はありません。どうかご理解ください」
 と正直にいえば(国家機密でもあるまいし)国民の大半は納得するのではないか。
 (野党はわかっていながら質問しているフシもある)

 今の首相が独裁者面(づら)をしている限り、展望はありません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/859-156e87d4