2015.05.19 取手の一日
 雨でフリーマーケットが中止になった日(05/16)の午前中、友人がYou Tubeの音楽をCDに入れるのを見ていました。

 「好きな曲を<お気に入り>に入れているやろ。それだけでは自分のものにはなっとらんのや。著作権の問題で消されることもある」
 たしかに好きな音楽や映画を<お気に入り>に入れておいても消されていることがあります。(ブログでも然り)
 それはまだネット上にあるから。
 
 消されないようにするには、これをネットから出して自分の<ドキュメント>に取り込む必要があります。これにはソフトが要りますが、彼は市販のソフトを使って好きな曲を取り込み、それをCDに保存します。
 これで私のために、「思い出の渚」「真夜中のギター」など、学生時代のフォークを焼いてくれました。
ふれあい道路①
 「次は我孫子のヤツ用のをつくってやるか」
 我孫子の友が好きなのは「夜の銀狐」「長崎は今日も雨だった」などのムード歌謡。
 彼は我われよりサラリーマンになるのが早かったため、クラブでホステスさんたちとカラオケ歌っていたのでしょう。
ラーメン店 
 それが終ると急に腹が減ってきました。「メシ食いに行くか。ラーメンでええか」
 車で10分ほど走って守谷市の某ラーメン店へ。昼どきだったので混んでました。
ラーメン 
 「ほう、ここは歴史があって由緒正しきラーメン店みたいやな」
 ということで極旨醤油ラーメンと餃子を頼みました。
 中華街「徳記」の豚足ソバは別にして、ラーメンを食べたのはほとんど20年ぶり。
 なかなか美味かった。
餃子 
 帰る道中、友人は車を運転しながら、
 「夜も外食というのも何やし、メシ炊くか。ジャガイモとニンジンと豚肉は残ってんねん」
 「そんなら肉ジャガつくったるわ」
 「つくれるのか」
 「肉ジャガ自体はないけど、大体わかる」
タマネギ・ニンジン  ジャガイモ
 友人には同窓会の案内の作成を任せ、こちらは料理。
 ジャガイモは二種類あったので大きいほうは皮を剥き、小さいほうは新ジャガなのでタワシでこすって皮をはがし、下茹で。(煮崩れ防止のため)
切った野菜
 ニンジン、タマネギは適度に切って炒め、軟らかくなったら深鍋に移し、みりん、ダシづゆ、日本酒、水を加え、豚肉を炒めたものを入れて、少し煮込んでから下茹でしたジャガイモを。
 弱火で煮込んでゆっくり冷まし(ジャガイモに滲ませるため)、食べる直前に加熱しました。
ニンジンを炒める   
 「えらい手間かけるんやな」
 「いや、自分ひとりで食べるんやったら、こんな手間はかけんけど、人には煮崩れしたジャガイモを食わすわけにはいかん」
 と、できたのが写真。
 味は、ちょっと薄味。というのもここのダシづゆに慣れてなく、塩辛いような気がして、水が多かった。もっとも彼は血圧が高いので、これでよかった……かな。
肉ジャガの完成 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/840-d1abb5b7