所沢の花見の名所といえば見るも聞くもなく航空公園ですが、もう何回もきているので食傷気味。他にないのか、と所沢の知人に聞いたところ、「東川があるぞ」

東川 

 東川は航空公園の南側を東西に流れる小さな川。
 川越の新河岸川ほどの風情はないけど、川沿いに桜の木がビッシリと植えられ、なかなかの景色。これが約4kmも続くそう。

桜並木 

 こちとら自転車だから、全部回りました。
 これまでいろんな桜を見てきたから、いく分シビアな見方をするようになり、「うーん、いいけど、どこを見ても同じだなあ。これは金太郎飴桜」と偉そうな感想を。(スミマセン)

松井橋 

 すでに満開の時期は過ぎ、風に吹かれてはらはらと花吹雪。
 それが川に落ちて流れ行く。まさに花筏。

花の間から見る東川 

 しかも川幅が狭く、流れがゆっくりしているので花びらが川一面に溜まり、ピンクになっちゃった。それがまた風情があります。

花見?

 知人の話では、この川は狭山丘陵を水源とし、柳瀬川に合流するそう。
 砂川掘のようなドブ川ではないのか。(安心しました)

花筏 

 ここもちょっと懐かしい。
 京都の哲学の道に似ていなくもない。

 花筏我が魂を冥府まで

 大袈裟だったかな。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/805-0a288522