昨日(02/20)は晴れて暖かかったので、久しぶりに近所を徘徊(老人か?)しました。
 254バイパス沿いの小高い土手。
 ここから微かに富士山が見えます。
微かに見える富士山 
 写真(↓)の左は254バイパスです。進行方向(前方)は川越。
 右手は芒の原。
 私は以前からこの芒の原が不思議で、「なんのためにこんな荒地を放ったらかしにしてるのだ」と思ったことがあります。
左は254バイパス、右は芒の原 
 ところが富士見市の地図を見ると、「蛇島調節池」
 池だと?
 水が貯まっているのを見たことはない。これが池なのか?
芒の原 
 なおも地図を見ると、その傍に小さな川が流れています。砂川堀。
 ということはこの池と堀を繋いでいるところがあるはず。
砂川堀用水路① 砂川堀用水路②
 堀沿いに進むと、途中に小さな鉄の出橋が。どうやらここが排水口らしい。
 なるほど、ここから水を池に入れるのか。
排水口 
 そこでもう一度土手に上がって、芒の原の周囲を回りました。
 中央あたりに水溜りが見えます。やっぱり池だった。
実は沼地 
 富士見市によると、この池は地域の水害を防ぐため、平成12年(2000)につくられたとか。
 その5年前に砂川堀がつくられ、流れ込んできた雨水を新河岸川に放流するようになった。
 しかし大雨が降ると、砂川堀や新河岸川の水位が上がる。そこでこの池に水を溜めて、砂川堀の水量を調整するようになった、ということらしい。
新河岸川 
 私としては、この池が満水になっているところを一度見てみたいものですが、そんなときは大雨なので危険。うーん、見ないほうがいいのかも。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/757-bff45c8d