またまたやってきました、川越水上公園。
 その理由はここも富士山のビューポイントだと教えられたからです。

水上公園・ボート池 

 先日、初雁橋から見た富士山をUPしたところ、地元に住む友人から、「橋の上流側を歩いたのか。あそこは歩いちゃいかん」といわれました。
 彼は散歩コースでよく初雁橋を渡るのですが、あんなにくっきりと富士山が見えるのは珍しいそうです。これは当方の日ごろの心がけがよかったから?

土手から見る富士山① 

 もっと心がけがいいと、入間川の川面に映る「逆さ富士」も見られるそうです。
 富士五湖のような近くなら逆さ富士は見られるけど、こんな離れた入間川で見られるなんて。
 一度見てみたいものです。

ボート池① 

 その友人に教えられて、水上公園のサイクリングコース(土手の上)にやってきたのですが……。
 前方(南西方向)にうっすらと見える美しい台形。
 紛う方なき富士の山、ではありますが、いかんせんぼやけている。
 これは見る場所というより気象条件だと思います。しかも逆光。

土手から見る富士山② 

 初雁橋のときは朝だったので順光でしたが、今回は午後、もろ逆光です。
 逆光も日没近くなれば、あかね色の空に富士のシルエットが映るかもしれないし、条件次第ではダイアモンド富士も見られるかもしれない。

 しかしそれまでは待てないので、あきらめて下のボート池へ。
 ここも逆光でしたが、湖面がキラキラと耀いて見事でした。これはこれで絵になる。

ボート池② 

 池には多くの水鳥が。これはカモでしょう。

カモの群れ 

 今回水上公園のサイクリングコースで富士山を見て、距離や方向は初雁橋とほぼ同じなのに、見る景色はこうも違うのかということ。
 私の好みでいえば、やはり初雁橋のほうがいいかな。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/727-3c4fb518