平潟湾は私が最も好きな光景。どこから見ても絵になります。
 今回は称名寺から赤門通りを南下してきたので、北側(州崎町)からも見ることができました。
州崎側から見る平潟湾 
 とはいえ私が好きなのは夕照橋→平潟湾プロムナードから見る景色。
 下はプロムナードから見る夕照橋。左奥は野島山。先ほどまで私はあの山頂にいました。
夕照橋と野島山 
 平潟湾プロムナードを琵琶島方面に歩くと、金沢シーサイドラインにぶつかります。
 私は最初「平潟湾の景観をぶち壊すのではないか」と思ったものですが、最近はこれも一風景としてとらえるようになりました。そう思うとこの線路橋はアクセントです。
金沢シーサイドライン 
 沖のほうには数隻のヨットが停泊しています。
 また所どころ桟橋があって漁船が停泊しています。いつも「これに乗って湾内を周遊したい」という誘惑に駆られます。
停泊する船 桟橋に停泊する漁船
 平潟湾プロムナード。シュロやソテツ、キョウチクトウが植え込まれ、南国の風景を醸し出しています。
平潟湾プロムナード 
 平潟湾は鎌倉時代はもっと大きく、北側は瀬戸から泥亀、西側は六浦も入り江になっていたそうです。鎌倉の外港として栄えました。
 江戸時代には景勝地として知られるようになりましたが、幕末から明治にかけて埋め立てられて新田となり、さらに南側も埋め立てられて金沢区柳町となり、現在のような細長い湾になりました。
琵琶島神社 
 入り江の江の喉元にある琵琶島神社。
 琵琶湖の竹生島に倣ったもので弁財天が祀られていることから、地元の人は「弁天島」と呼んでいます。
琵琶島より見る平潟湾
 このあたりから見る平潟湾の景色も素晴しい。
平潟湾全景 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/719-669af253