今年はいろんなところへ行きました。(といっても関西と三浦半島が大半ですが)
 そこで印象に残る景色をもう一度。

 まずは彦根市。私の父方の祖先が彦根藩士だったので、ぜひ行きたかった。
 この通りは電線がなく城下町の情緒たっぷりですが、名称は私の性に合わないので、敢えて「京橋通り」と呼ばせていただきます。

京橋通り(彦根) 

 京都御所・近衛邸跡の枝垂桜。私は京都出身ですが、初めて見ました。

御所・近衛邸跡の枝垂桜 

 祇園白川通。ここに京都のエッセンスが詰まっている感じがします。

祇園白川通(京都) 



 横須賀の猿島。前から行きたかったところです。今年は念願の上陸。時期は混雑する夏の直前。
 そのため、じっくり見られたのがよかった。

猿島(横須賀) 

 城ヶ島と三崎漁港も行きたかったので、行けて満足。
 (左)城ヶ島大橋から見る三崎漁港は絶景。
 (右)三崎漁港は素朴な港町。花暮岸壁で家族連れに話しかけられたのがうれしかった。対岸は城ヶ島、左に見えるのは城ヶ島大橋。

城ヶ島大橋から見る三崎漁港(三浦市) 三崎漁港・花暮岸壁



 立石海岸(横須賀市)。この景色も一見の価値あり。横須賀市といえば軍港や走水、観音崎、浦賀、久里浜などのある東海岸に目が行きますが、西海岸もなかなかのもの。

立石海岸(横須賀) 

 森戸海岸(葉山町)。おなじみ「裕次郎」のレリーフのある海岸。森戸神社があって、海水浴場でもあります。また「森戸の夕照」はつとに有名。

森戸海岸(葉山) 



 夏には埼玉県比企郡吉見町にある「吉見百穴」にも行きました。
 残念なことに、ここは先の戦争で軍需工場に使われました。古代文化遺産とでもいうべきところをダイナマイトで爆破して工場をつくる愚行。これで戦争に勝てるわけがない。

吉見百穴 地下軍需工場跡

 小坪漁港と逗子マリーナ(逗子市)。ここは何度かきていますが、何度きてもいい。夏の定番。
 古びた小坪漁港と南欧を思わせる逗子マリーナとの対比が素晴しい。

小坪漁港と逗子マリーナ(逗子) 逗子マリーナ(逗子)



 秋には京都時代の同窓生と横浜散策しました。
 何度もきている場所でも、人とくると新たな発見があります。それに友のよろこぶ顔を見るのも楽しい。忘れられない景色でした。

同窓生と行った山手通り(横浜) 元町公園も…

 平安神宮の大鳥居。同窓会の翌々日の朝。晩秋(初冬?)の京都の景色です。
 堂々たる鳥居の姿はやはり京都の象徴?

平安神宮の大鳥居(京都) 

 他にも川越や東京……など、印象に残ったところはありますが、割愛させていただきます。
 それではよいお年を。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/714-43731e3f