2014.12.17 祇園白川通
 ひと口に白川通といっても、北は宝ヶ池から南は祇園までと範囲が広いので詳しい定義は省略しますが、ここでいう白川通とは岡崎の国立近代美術館前から鴨川への注ぎ口(縄手通)へ流れる白川沿いの道をいいます。
白川 
 この白川は両岸には柳が植えられ、まるで江戸時代の風景。
 川底も浅く、所どころ川面に降りられるようになっていて、なんとも風情があります。

 川沿いの道といえば、東京では目黒川が有名ですが、あれはドブ川で風情もなにもあったもんじゃない(目黒川流域の皆さん、ゴメンね)。
華頂道から見る一本橋界隈 
 私が好きなのは「一本橋」界隈。
 この一本橋とは、通称「行者橋」ともいって、
 「比叡山の阿闍梨修行で千日回峰行を終えた行者が、粟田口の尊勝院の元三大師に報告し、京の町に入洛するとき最初に渡る橋であり、行者橋とも阿闍梨橋ともいわれる。また江戸時代、この橋を粟田祭の剣鉾が差して渡る『曲渡り』が呼び物であった。京都市」の説明書きがあります。
一本橋① 
 これこれ、この橋を渡ろうとしているサラリーマン氏、修行は終えたかな?
 なに、職場・家庭そのものが厳しい修行の連続であります、とな。
 これは失礼、胸を張って渡られよ。
一本橋② 
 新婚カップルもいます。
 「夫婦の道は一本道!」とばかり、ここを手をつないで渡るのかと思ったら、渡らなかった。
 この日は雨も降ってたからねえ。
新婚カップル 
 さらに下流へと進み、白川南道へ。
 ここには「かにかくに」の石碑があります。
 「かにかくに 祇園はこひし寝るときも 枕のしたを水のながるる」
 「これは祇園をこよなく愛した歌人の吉井勇(1886~1960)が詠んだ一首で、昭和30年、大佛次郎ほか友人たちによって建立されました」と説明書きにあります。
かにかくに碑 
 私は京都出身でありながら、祇園にはついぞ縁のなかった人間なので、この歌に対してはさしたる感慨はありませんが、ひとつの風景としてこの通を味わいました。
白川南道 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/700-ee324b20