2014.08.23 立石公園
 前述の「天神島臨海自然教育園」から北へ2㎞ほど歩いたところに立石公園があります。

 立石とは、海岸に突き出た大きな岩のことで、約2500万年前、海底に積み重なってできた地層が固まって、長い間、波に削られてできあがったもの。地質は凝灰岩で、高さ12m、周囲約30mです。(説明板)
立石①
 なおも説明によると、
 「秋谷・立石海岸は東京湾側の海岸線とは異なり、自然の海岸線が多く残っています。とくに立石は古くから絶景として有名です。江戸時代の風景絵師・安藤広重は『相州三浦秋屋の里』と題して富士山を遠くにみるこのあたりの風景を描いています」
公園
 たしかに絶景。これを見るだけで、この西海岸にきた価値あり。

 この「立石公園」は出島になっています。
 ここへ行くのには橋をわたるのかな? と思ったら、いったん岩場に下りて、上がるという、なんともワイルドな公園。
公園入口
 「また、岩場か……」
 私としてはうんざりなのですが、仕方がない、岩場に下りました。(足がガクガク)
岩場 公園より相模湾を見る

 「なるほど、なかなかの見晴らし」
 立石も逆側から見ることができます。
 もっとも立石の姿は岸壁から見た(写真①)ほうがいいと思いました。
立石②
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/599-8f66b73d