小畔川を挟んで御伊勢塚公園の向かいにも公園があります。「小畔水鳥の郷公園」
 これは洪水防止のための貯水池だそうです。
小畔水鳥の郷公園①
 そういえば川と池を結ぶ水路があります。
 大雨が降って小畔川の水量が増えると、ここから池へ流すのか。するとどのぐらい池の水位は上がるのか。それで川のほうは大丈夫なのか。興味はあります。(行くのは危険ですよ)
調整口(川側) 調整口(池側)

 この日は雨も降らず、水路の動きはなし。(今日、明日はわからないけど)
 調整水路の池の側ではたくさんの蓮の花が咲いていました。
 蓮といえば伊佐沼ですが、この近辺の人々はここでこと足りるのか。
 とはいえ、この池はすり鉢状になっており、下まで降りられないので身近に見ることはできない。やっぱり伊佐沼に限るなあ……。
小畔水鳥の郷公園②
 そんなことを思いながら写真を撮っていると、背後から「さっき白鳥が飛んで行っただろう」
 「えッ」と振り向くとベンチに坐ったオッチャン。
 そういえば、この池ではなく、小畔川の川面に一羽の白鳥が飛んでいるのを見たけど、あれとは違うのか。

 「白鳥だけじゃなくて、白サギやヨシキリ、カワセミなんかも見られるよ」
 オッチャンはなおもいうけど、こっちは鳥の区別などつかないので、黙って聞いているだけ。

 さすが「水鳥の郷」というだけあって、鳥の種類は多いらしい。
 このオッチャンは地元の人で、それを自慢したいのか。
小畔水鳥の郷公園③

 どうも私はこのテのオッチャンに話しかけられることが多い。
 横浜の山下公園では「ほら、トンビが低空飛行してる。あれを撮れ」とか、「それッ、今がシャッターチャンス!」という、うるさいオッチャンがいて閉口しました。
 あれに比べればはるかにましですが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/585-8ef02537