川越市の西部を流れる小畔川。
 その川のほとりに「御伊勢塚公園」があります。
 名前の由来は伊勢信仰の塚がここにあったことからたそうです。
公園入口
 雑木林が鬱蒼と繁り、中央にひょうたん池、そして芝生広場。
 これは涼しい。
ひょうたん池① ひょうたん池②
 もっともここは蔵造りの市街地からはかなり離れ、しかも交通の便がよくない。
 それでも広いし、ベンチや遊具などもあって、近隣の人々の散歩コースになっているようです。
雑木林

 この日も初老のオジサン数人が関西旅行に行ったときの様子を語っていました。
 「まったく、オレはシカが見たかったのに、こいつは大仏が見たいだと」
 「シカなんか動物園で見られるじゃないか」
 「あそこのシカは特別なんだよ」
 「まあまあ、この年になるとなかなかまとまりませんなあ」
 「まったく、みんなわがままで」
 「わがままなのはあんたじゃないか」
 「はははは」
芝生と遊歩道  
 別に盗み聞きしたわけではないのですが、皆さん声が大きいから、否が応でも聞こえます。
 相手を「わがままだ」となじりながらも、けっこう仲がよいようでした。
語り合うおじさんたち
 もっともこちらは赤の他人。
 知らん顔して聞いてたけど、心のなかでは爆笑してました。
 こんな面白い会話が聞こえるのも、この公園ならでは?
 ただし盗み聞きはダメですよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/584-052edbe2