2014.06.25 城ヶ島灯台
 京急県立大学駅。
 夏至に近いので帰るにはまだ早い。下り電車に乗りました。浦賀行き。
 しかし浦賀は去年行っているのでもういい。
 となりの堀ノ内で、あとからきた快特に乗り換え三崎口へ。

 地図を見ると、三崎口駅はかなり内陸。海岸へ出るには30分以上歩かねばならない。
 海沿いの道ならそれもいいけど、ただの国道を歩くのは時間の無駄。
城ヶ島の市街地

 そんなことを考えながら三崎口に着くと、停車場には城ヶ島行きのバス。
 「ままよ」とばかり飛び乗ると、すぐ発車しました。
 この停車場から出るバスは三崎港行きと城ヶ島行きのふたつ、城ヶ島行きに乗ったのもなにかの縁。終点まで行ってやれ。
展望台
 というわけでバスは城ヶ島大橋をわたって、終点に着きました。
 城ヶ島は三浦半島の最南端に位置し、周囲約4 km、面積0.99 平方km、神奈川県最大の自然島。行政は三浦市で、200世帯以上が暮らしているそうです。

 着いたところは島の西側、ただの駐車場。
 なにもないじゃないか。
 土産物屋のオジサンに「ここを進むと灯台があるよ」といわれ、そちらに向かいました。
城ヶ島灯台
 なるほど、灯台か。
 城ヶ島灯台は西端の長津呂崎にあって、標高約 30 m の崖上(展望台)に建ち、相模灘を照らします。日本では5番目に点灯した西洋式灯台で、現在は二代目だそうです。
西側の海を見る
 しかしなかには入れない。観音崎は入れたのに。
 仕方がないので、展望台から周囲を眺めました。今イチ面白くない。
城ヶ島漁港
 展望台をあとにして市街地を通り、漁港に寄りました。
 人がいない。
 「夏休みになれば、どっと人が押し寄せるんだけど」とは土産物屋のオジサン。
 空いてる時期にくるのも良し悪し。
 というより、行き当たりばったりのツケがここに回ってきた……?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/543-c0c3f7e1