うみかぜ公園から海岸沿いに南東に進むと魚市場があります。
 ちょうど食事どきなので、その入口の食堂で魚を食べることにしました。
食堂

 横須賀というば海軍カレーが喧伝され、横須賀名物とまでいわれていますが、2年前、有名どころの海軍カレーを食べたところ、「……?」
 やたら粉っぽくて、パンチもなければコクもない、小学校の給食で食べた味。
 ブログでもそのことを書いたら(もう少し婉曲な表現だった)、地元のブロガーさんから、「地元の人間は食べない」とのことでした。
 いらい横須賀ではカレーは食べず、海鮮ものを食べるようにしています。
地魚丼
 さてその食堂。
 魚のミックスフライは完売とのことで、またしても地魚丼。
 魚はその日によって違い、金目鯛、いしもち、生しらす、かます、シメ鯖がトッピングされています。
 ただし2年前に比べると、魚の盛りが少なくなったように感じました。気のせい?

市場
 この食堂の裏手に魚市場があり、さらに海っぺりには新安浦港があります。
 ここは東部漁協の事務所があり、土曜日には朝市が開かれるところ。
 新鮮な魚介類が安く買えるというので、毎回盛況だそうです。
東部漁業組合
 調べてみるとこの安浦港は、昔は16号線寄りにあったそうですが、その後埋め立てられてできた新しい町「平成町」(平成元年にできた)に移ってきました。
新安浦漁港

 安浦というところは、事情があってどんどん変わっていくようです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/541-455c61fd