神楽坂の次に行ったのは小石川後楽園。
 ここは元水戸藩の江戸屋敷。水戸徳川の二代目光圀(黄門様)によって寛永6年(1629)に造られました。
 「後楽園」の名は、儒教の影響を受けた光圀が「為政者が楽しむのは庶民の後」との考えに基いてつけたそうです。
 後楽園の名は明治になっても継承されましたが、大正12年(1923)国の名勝に指定される際、岡山市の後楽園と区別するため、頭に「小石川」をつけました。
入口
 ここは梅の名所(参照)でもありますが、四季折々の草花が見られます。
 今の時期は花菖蒲だろう。そう思ってきたのですが……。
大泉水
 菖蒲田にはパラパラと。うーん、三分咲きかなあ。
 まだちょっと時期が早かったようです。
花菖蒲
 まあいい、見るところは他にもあります。私が好きなのは円月橋。
 橋の半円部分が水面に写る半円とつながって満月に見えます。明の儒学者・朱舜水の設計によるものといわれています。
 ただしこの橋を渡ることはできません。あくまでも横からみるもの。
円月橋
 渡れるのは(同じ月でも)渡月橋。
 渡月橋?
 京都の人は目を剥くかもしれませんが、渡月橋はあちこちに(六義園にも)あります。
 立札にも「京都の渡月橋の名をとった」と書かれています。
 下を流れるせせらぎは大堰川。(三代将軍家光が名づけたそうです)
渡月橋
 そこから上に昇ると清水観音堂跡。
 ここには京都清水寺の観音堂を模したものがありましたが、関東大震災で崩れ落ちました。今は竹で囲ってあるだけ。
清水観音堂跡
 そして愛宕坂。
 愛宕山は港区にもありますが、これは京都の愛宕山の坂をならってつくられたもので47段あります。
愛宕坂

 ということで花菖蒲はまだ盛りではなかったけど、これは近所の「山崎公園」で見ることにしているので、よしとします。そのときは俳句会の先輩も誘ってやらなければ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/520-1cc40261