2ヵ月前の3月29日、新橋~虎ノ門を結ぶ「マッカーサー道路」(約1.4km)が開通しました。
 この道は「環状第2号線」の一部で、すでに利用されている神田佐久間町~虎ノ門までの「外堀通り」から延長した道路とのことです。
①新橋から虎ノ門方向を見る
 ただし「外堀通り」は虎ノ門~新橋間も続いています。この道はJR(京浜東北線、山手線、東海道線、新幹線)のガードをくぐり、昭和通りにつながっています。

 ではなぜこれ以外の道をつくろうとしたのか。
 それには諸説ありますが、虎ノ門のアメリカ大使館から東京湾の竹芝桟橋まで進駐軍が自由に行き来できる道をつくりたいというGHQの要求があったからとされています。
 つまりもっと外側(南側)。
②途中から新橋方向を振り返る
 その構想はいいとして、それを建設するための用地買収に難航しました。
 そしてすったもんだの挙げ句、90年代になって建設が着工され、68年もかかってようやく開通したというわけです。
 これが「マッカーサー道路」が開通されるまでの経緯。
③虎ノ門ヒルズの脇
 とはいえ新橋近辺は風俗ライター時代、週刊誌や夕刊紙の編集オフィスがあったので、よく知っています。
 今回改めてこの新しい道を歩きました。
④路地
 道幅は広い。40mぐらいあるかな(構想では100m)。
 一部工事中。歩道も広く、歩行者と自転車が分かれているのも新しい。
⑤虎ノ門ヒルズ(近景) ⑥虎ノ門ヒルズ
 新橋側から虎ノ門方向を見ると正面に見慣れぬ高いタワー。
 近くまで寄ってみると、これが建設中の「虎ノ門ヒルズ」
 その下を車の道が通り、歩行者はその両側を巻くようにして、虎ノ門病院の北側を通って特許庁の前に出ます。虎ノ門ヒルズからはかなり強引に斜めに入るので、このあたりの道路や建物はかなり取り壊された?
⑦特許庁
 うーん、こんな道ができたのかなあ。
 勝手知ったる場所なのに、初めて通った道。長年生きていると、こういうこともあるか。
 この道の完成を当のダグラス・マッカーサー氏(1880~1964年)は草葉の陰でよろこんでいる、かな。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/517-ea0a6a77