2014.03.18 三月の句会
 先日、俳句会がありました。(出句については別項
 私の投句の結果は
 ①雪掻きの音止むまでは家の中(2)
 ②歩く人車に追はれし雪解道(1)
 ③語らひて珈琲冷めし春の午後(3……特選2)
 ④受験前御浚よりも九度参り(兼題・九)(1)
 (出席10名、出句10名)
雪解道

 票はそこそこ入りました。しかも③の句に入った3票には特選2票が含まれています。
 当句会の選句はひとり5選で、その内いいと思った句に〇(特選)をつけることになっています。

 次に先生の評。
 ①これは気持ちはよくわかる。(「私ならすぐ外に出て手伝う」という声も)
 しかし「家の中」というのがよくない。ここは「籠もりけり」にしたほうがよい。
 ②これは、わだちを歩いていて車に追い払われるという意味ですか。なるほど。
 ③これは歌にあったような句ですが、喫茶店の情景が浮かぶなかなかいい句です。話に夢中になっていたら、コーヒーが冷めてしまった。とくに「春の午後」が効いています・
 ④これは「受験前」というより「受験生」としたほうがすっきりします。
熱心に神頼み

 この日は披講者のW氏が「この句は××さんが選びましたね。その理由をうかがいたい」といきなり当ててくるので、戦々恐々、いつになく緊張しましたが、③の句に特選をくれたのはそのW氏、これはうれしかった。

 特筆すべきは「九条は平和の砦桃の花」(兼題・九)に4票入ったこと。
 このような句が詠まれ、それに4票も入るなんて以前の句会では考えられなかったこと。この句会の政治への関心の高さがうかがわれます。
 私は「季語が動くのではないか」と質問したのですが、「幼い子どもたちの将来を考えてのことだからこれでよい」とのこと。先生としては、このような句も出るのではないかと予想して「九」を兼題にした?

 なおこの日の最高得票句は、
 遍路寺の日の暮れのこる九輪塔(5)
 義父九州姑上州出亀鳴けり(5)
 の2句です。「義父……」はよくわかりませんが、「遍路寺……」はいい句だと思いました。もちろん入れました。

 今回は最高得票こそ獲れなかったけど、「語らひて……」の句に特選2票をいただいたので、よかったと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/451-00d91f37