昨日(02/23)は「2014東京マラソン」を観ました。
 時間帯が早い。いつもマラソンは12時から始まるのに、これは午前9時から。
 この時間帯はいつも「サンデーモーニング」(TBS)→「将棋トーナメント」(NHK・Eテレ)を観るのですが、やむなくマラソンに切り替えました。

 しかしなにか落ち着かない。
 男子も女子も一緒にやるわけですが、画面が男子⇔女子と切り替わる。
 それに埼玉の星、川内優輝君が出てない。これも面白くない。
 知ってる顔といえば藤原新ぐらい。
 それも最初の10kmぐらいは先頭グループにいて、沿道の声援に応えるなど余裕をかましていたけど、15kmぐらいでガクッと失速し、置いていかれました。その後は足が悪くなったのか、ジョギング走り。
先頭集団 遅れる藤原

 コースもよくわからない。
 以前は国立競技場から皇居の南側を通って日比谷通りから第一京浜に入り、品川駅→八つ山橋を通って南下、平和島で折り返し、元にもどるコースでしたが、2007年からは都庁をスタートし、皇居前→日比谷→品川→銀座→日本橋→浅草雷門→築地→豊洲→東京ビッグサイト(ゴール)と、X字状に折り返します。
 観光地を通るのでサービスのつもりかもしれないけど、ややこしいぞ。
 あくまでもマラソン中継で、ガイド番組じゃないんだから。
雷門にて

 先頭はディクソン・チュンバ(ケニア)とタデセ・トラ(エチオピア)の競り合い。というか、先頭から10位ぐらいは外国勢、その後やっと日本選手がきたけど、いくらなんでもこれは面白くない。せめて3位ぐらいについてくれないと。
トップ争い 日本人選手

 優勝はチュンバ(ケニア)。2時間5分42秒。
 日本勢トップは松村康平が8位で入りました。2時間8分9秒。
チュンバ優勝 松村康平8位

 女子の優勝はティルフィ・ツェガエ(エチオピア)。2時間22分23秒。
 日本勢トップは伊藤舞(大塚製薬)が7位でした。2時間28分36秒。
女子はツェガエ優勝 伊藤舞が7位

 男子のタイムはよかったのですが、盛り上がりに欠けました。
 日本人のスター選手がいないから。
 やはり川内君が出ないと寂しいぞ。
 こんなことなら、来年は観るの、やめようかな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/430-c18a2e28