山下公園にきました。
 ここは関東大震災(大正12年=1923)で壊滅した横浜市街地の瓦礫を埋め立てて造成された公園です。開園は昭和5年(1930)。面積は 74,121㎡。
山下公園(向こうはベイブリッジ)
 終戦後はアメリカ軍に接収されましたが、昭和29年(1954)に返還され、昭和36年(1961)には岸壁に氷川丸が係留するようになりました。
向こうはみなとみらい
 その後、臨港鉄道(山下臨港線・高架の貨物線)が公園内に通り、昭和61年(1986)に廃止されました。
 ただしその3年後の「横浜博覧会」では会場を結ぶ旅客輸送の列車として一時復活したこともあり、これに乗った覚えがあります。この鉄道跡が「山下臨港線プロムナード」です。
開港の道① 開港の道②
 山下公園は意外に花が多い。そこで花を入れて港を撮ってみました。
花と港
 いつもは若いカップルで賑わいますが、たまには熟年カップルも。これはこれで絵になります。
熟年カップル
 山下公園といえばカモメ。ここのカモメは人懐っこく、すぐそばまで寄ってきます。
 カメラを近づけても逃げません。
かもめ① かもめ②
 おや、こんなところに女の子の銅像が?
 ガールスカウトの記念像です。この際撮っておきました。
ガールスカウトの像
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/354-63eea833