09/02から09/07まで、骨折事故で入院することになった経緯を述べてきましたが、それについてはひとまず区切り、今日の写真は昨日の花火大会の模様。

 この花火大会は私にとっては4回目。
 会場となる庁舎前の運動公園には屋台が並び、ステージではバンド演奏や太鼓の競演などが繰り広げられ、恒例の盆踊りのあと、2000発の花火が打ち上げられます。
 2年前は会場まで行って見ましたが、立錐の余地もないほどの混み具合。(例年約43,000人の人出だとか)
 ということで、昨年は近所の空き地から見ました。
花火①
 実は入院中、この花火大会のことが話題になっていました。
 私たちの病棟は最上階の9階にあり、見晴らし抜群。南側の病室からだとすぐ近くで見られます。
 しかし私の本心は「それまでには退院したい」

 それかあらぬか、完治とはいえないまま退院したわけですが、まだ残っている仲間(女性)から、「きなさいよ。一緒に見ようよ」と誘われていました。
 患者同士のよしみから一瞬「それもいいかな」と思ったのですが、遠慮しました。
 夜遅くなって暗い夜道を自転車で帰るのは、まだおぼつかないから。
 結局、去年と同じ近所の空き地から花火を見て、彼女にメールを送りました。
 「今、見てるよ。きれいだね」
 彼女も病室から見ていたとのことで、
 「すぐ近くだったので感激した。面会にきた人も時間(夜8時)オーバーしても残っていたし、看護婦さんも見てた」 との返メール。
 この日ばかりは粋な計らいがなされたようです。
花火②
 入院体験に関しては書くことはたくさんありますが、そればかりでは単調になるし、他にも書きたいことがあります。
 例えば2か月前に中断した横須賀ウォーキング。さらに俳句、退院してからのことなど、リアルタイムの事象にも反応したい。

 というわけで、明日からは従来の形にもどし、「入院記」に関しては随時入れていくつもりです。
 今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/274-1f053745