FC2ブログ

 中央大通を突き当り、湖岸公園「大津湖岸・なぎさ公園」に入りました。

大津湖岸なぎさ公園・入口 

 同公園は大津港から東へ約4.8kmにわたって続く琵琶湖畔の公園である、とのこと。
 京都時代は何回かきたことはあるけど、物心ついてきたのはこれが初めて。
    

 なかなかいいところではないか。
 この段状になった湖岸は湖面のすぐ近くまで下りているし、鉄柵に錨があしらってあるのもいい。(横須賀の「うみかぜ公園」よりシャレている)

段状の湖岸 

 沖の防波堤から霧が噴き出しているように見えるのは「花噴水」というらしい。
 この花噴水は世界最大級の長さで、噴き上げられる水は最大40mとか。この噴水はあちこちから見ることができました。

沖の防波堤 

 このあたりは大津港のエリアらしく、近くに「愛の鐘(?)」があり、

愛の鐘(?) 

 防波堤に囲まれた一帯の隅のほうに遊覧船が停泊していました。

停泊する遊覧船 

 東のほうが気になったので少し進むと桟橋がありました。
 何人かの若者が釣り糸を垂れていたので聞いてみると、ブラックバスを狙っている、とのことでした。いずれの人も釣果は大したことはなく(始めたばかり?)、平潟湾(横浜)のハゼ釣りのようにはいかないらしい。

桟橋で釣りをする人 

 ただしこの桟橋から見る湖北方面の景色は素晴らしい。
 花噴水も見事です。

桟橋から見る湖北方面 

 そこからさらに東に進むと、ごつごつした岩の湖岸。ワイルドな感じでこれも一興。

岩の湖岸(先の建物が気になる) 

 その先の中国風(?)の建物が気になります。
 そばまで行ってきました。
 これは中国風ではなく、お城を模した建物。

琵琶湖文化館① 

 そばにいたおじさんに聞いてみると、これは「琵琶湖文化会館」といって美術館、博物館、水族館を総合した文化娯楽施設だったが、今は閉鎖されているとのこと。

琵琶湖文化館② 

 調べてみるとオープンしたのは昭和36年(1961)で10年前に閉鎖したといいます。
 経営的に上手く行かなかったのだろうけど、建物が変わっているだけに、なかに入りたかった。

     

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2067-5003e57e