FC2ブログ

 大津祭だけではなく、市内を少し徘徊しました。
 どうしても行きたかったのは疎水運河。京都へ水を提供してくれるところで、元京都市民にとっては「生活の恩人」ともいうべき施設。そのお礼を込めての徘徊です。
    

 先ず琵琶湖畔の三保ヶ崎。
 入江になっていますが、ここが疎水の取水口。明治23年(1890)に完成。

疎水取水口 

 その北側にもうひとつ入江がありますが、これが第2疎水の取水口。

第2疎水取水口 

 第2疎水は明治45年(1912)に完成しました。これはその先の洞門から入り、全線トンネルです。

第2疎水取水口・洞門 

 明治23年(1890)に完成した第1疎水は、所どころ川となって現れるので、その景観を観ることができます。
     

 少し京都側に歩くと、琵琶湖の水を引き揚げる揚水機場があります。

揚水機場 

 その近くにある大津絵橋。
 これは廃線になった江若鉄道の跡。反対側も江若鉄道の跡が残っています。

大津絵橋 江若鉄道の跡

 そこからさらに京都側に進むと、大津閘門に差しかかります。
 閘門とは水位の異なる河川の間で、水を堰き止めて船を上下させるための装置。パナマ運河はこの原理を応用しています。

大津閘門 

 その先は洞門になっており、これが第1トンネルの東口。
 このトンネルは約2.5kmもあり、西口に出るまでは長い山道を歩かねばならないので断念しました。

第1トンネル東口 

 この琵琶湖疎水、実は明治になって都が東京に移り、疲弊した京都を復活するために「琵琶湖の水を引くことが必要」と京都の政治家が(大津市には秘密裡に)画策したものでした。
 これには大津の政治家(と一部市民)は「寝耳に水」とおどろいたそうです。なかには憤る人も。(大津の皆様ゴメンネ)
 今は仲良くやっているからいいんだけど。

     

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2065-d31e2b08