FC2ブログ

 蔵造り一番街、時の鐘通りの北側に東に入る細い道を稲荷小路といいます。
 ところが先日(09/23)行ってみると、入口に「しあわせ稲荷小路」の看板。
 いつの間にこんな名前がつけられたのだ。

稲荷小路・入口 

 もっとも看板をよく見ると、飲食店(4店)の列記。
 これは飲食店が勝手につけたのだな。
     

 そんなことを思いながら路地に足を踏み入れてみると、入口にあるうどん屋は大繁盛。
 店の外にも待っている客がざっと30人。

うどん屋の前① 

 ここはいつも5~6人の客が外で待つほどの人気店ですが、こんなにひしめいているのは初めて。やっぱりこの看板の効果が大きいのか。

うどん屋の前② 

 かくいう当方、このうどん屋には一度も入ったことなし。
 (それだけに冷ややかに見ているというわけで)
     

 この通りの中程に「本宗稲荷」があります。
 稲荷といっても道端にある小さな神社ですが、一応鳥居と祠はあり、参拝客はそこそこあります。

本宗稲荷 

 鳥居の近くに湧水「稲荷の井戸」があり、ちょろちょろと水が流れています。

稲荷の井戸 

 これは明治34年新堀抜、昭和47年改掘抜された井戸ですが、地元では「御神水」としてありがたがられています。最近では観光客も「この水に癒される」と群がってくるとか。
 当方としては「勝手に癒されてろ」という思いですが、この「ありがた信仰」にあやかって飲食店が「しあわせ……」と名づけたのではないか。
 何はともあれ、それで客が増えるのはけっこうなこと。
        

 そのご利益は……。
 稲荷小路を出て南に下ったところですが、なんだなんだ、この行列は。しかも折り返している。

謎の行列 

 その先を辿ると、ひと筋南の時の鐘通り。
 さつま芋チップスの人気店の行列でした。ざっと100人ぐらい並んでいたのでは。

さつまチップ人気店の行列 

 これも「しあわせ……」のご利益かな。
 ちなみにさつま芋チップス、食べたことはあるけど、ここの店のはまだ。
 したがって美味い不味いはいいません。食べ物に関しては冷ややかな感想で悪いネ。

        

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2055-031adca1