FC2ブログ

 蔵造り一番街から菓子屋横丁側に入ったところにある「陽気遊山」(よふきゆさん)
 古い民家です。庭も広い。
 かつてここは「無料休憩所」として日曜日はオープンしていました。

陽気遊山・正門 

 私も一度ここの縁側で、魔法瓶の湯を茶碗に注いでお茶を飲んだことがあります。
 無料なのでありがたいとは思います。しかし……。

陽気遊山・木戸門 

 入口には錆びた鍋・釜などが置かれ、猫がゴロリと横たわっている。お世辞にもきれいとはいえない。
 そのため早々に引き上げました。

陽気遊山・家屋 

 この無料休憩所、今はやめています。
 入口には「由来」として、
 「当初は現在『教祖中山みき直属陽氣づくめ川越教会』であり、……江戸時代は熊野系修験道場。明治維新後は川越屈指の料亭として栄えた……」と書かれています。
 あとは天理教の教義やお家事情が連綿と書かれていて、最後は文豪森鴎外も訪れた……とあるので、何がいいたいのかよくわからない。
 この教派以外の人々をシャットアウトしたいのか、それとも由緒ある建物と自慢したいのか。

陽気遊山・庭 

 やめているといっても門は開いているので、一部入ることができます。
 古びた民家ですが、それなりに風情はあるので、ここで記念写真を撮る女性も多い。

木戸門から入ることができる 

 ふーむ、川越には不思議なところがある。
 これが私の偽らざる感想です。

    

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2054-e2e42ca3