FC2ブログ

 今年の夏はことのほか暑かったので、チャリによる徘徊はやめて、湘南、三浦半島へ赴いた模様を連日UPしました。
 しかしそれらも一応消化したので、久しぶりに山崎公園(富士見市)を訪ねました。
   

 おッ、咲いている。
 花壇一面にキバナコスモスが。

一面のキバナコスモス 

 「まあ、きれいねえ」
 とは近くを通りかかった老婦人。

キバナコスモス(クローズアップ) 

 花びらそのものはあまり面白みがない(悪いネ)のですが、群生で見るとなかなか見事です。
    

 キバナコスモスの奥の花壇に赤いヒガンバナ(彼岸花)がもう咲いていました。
 今年は早いんではないかい。もっとも夏が暑かったからか。

ヒガンバナの花壇 

 ヒガンバナはお彼岸のころに咲くのでそう名づけられたそうですが、「これを食べたらあの世(彼岸)逝き」という説もあります。
 実際ヒガンバナはアルカロイド系の有毒植物で、墓にこの花が植えられているのは、ネズミやモグラなどから土中の遺骸を(食い荒らされないよう)守るためとか。(以前にもいった覚えがあります)

近くで見るヒガンバナ 

 花はいかにも毒々しい赤で、形も個性的です。
     

 紅葉園の入口ではザクロが実をつけていました。

ザクロの木 ザクロの実

 昔、食べたことがあるけど、酸っぱいだけで上手くなかったような……。
 しかし酸味というのは身体にいいから、食するチャンスがあれば食べようかな。

     

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2039-a59e0308