FC2ブログ

 深浦湾を300mほど北上したところに追浜トンネルがあります。
 レンガ造りの、なんとも風格のあるトンネルです。
 つくられたのは明治45年(1912)、当時は「鉈切(なたきり)トンネル」と呼ばれていましたが、昭和8年(1933)に改修され、追浜トンネルと名前が変わりました。

追浜トンネル 

 ここを通り抜ける手もありますが、前回同様「官修墓地」への石段を上りました。
 「西郷どん」の西南戦争にも関連があるとのことで、ぜひ寄っておきたい。
 しかしキツイ。午前中上った鷹取山上り口の石段を思い出しました。

官修墓地への上り口 

 官修墓地は荒れた草むらのなかにありました。
 解説板によると、この墓地は西南戦争(明治10年=1877)に出征した政府軍兵士の墓というから、西郷どんと敵対した側。
 「この戦役で負傷した兵士が帰ってくる途中、船内でコレラが発生し、数人が亡くなり、そのうち遺族不明の48名の遺骨を政府がここに埋葬した」とのこと。

官修墓地  

 圧倒的に水夫(船員?)が多い。政府軍、しかも非戦闘員といえども、非常に劣悪な環境に置かれていたことがわかります。
 西南戦争は我が国最後の内戦。この戦役で西郷軍は滅びましたが、政府軍も6200人以上の死者が出たそうです。
 両軍の犠牲者に対して手を合わせました。
       

 地元の人の話では、毎年4月の慰霊祭になると墓地はきれいに清掃されるのですが、それが過ぎると放置されるそうで、今(8月下旬)は草が伸び放題。
    

 墓参を終えて高台へ。
 ここから北方向を見ると、正面に野島が見えます。
 その左手前が横須賀スタジアム。
 野島の右側は日産自動車の工場です。

高台から見る北側の光景

 ここは尾根道なので南側(長浦湾)も見えるはずなのですが、木々に遮られてよく見えない。
 それでも辛うじて見える、かな。

高台から見る南側の光景 

 このまま尾根道を進むと夏島貝塚通りに出ますが、かなり追浜駅寄りなので、途中から下に降り、正禅寺(臨済宗)の前を通りました。

正禅寺・山門 

 この道は追浜トンネルを通り抜けた道。
 とんだ遠回りですが、上に登ったからこそ官修墓地や野島も見られたわけで。

       

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2027-41f3de17