FC2ブログ
2018.09.01 深浦湾を歩く

 深浦湾にやってきました。
 ここは横須賀市の北部に位置する奥深い入り江です。

深浦湾 

 かつては榎戸湊(えのきどみなと)といって海上交通の要所でした。
 また奥は昔から漁師町として栄えてきたところ。

深浦湾ボードデッキ 

 湾の入り口あたりはヨットや小型船が整然と係留されています。
 これは不法係留をなくすことを目的として横須賀市が2007年に開業したボートパーク。

係留されている小型船 

 通常のマリーナとは違って係留は浮き桟橋のみ。

浮き桟橋に係留されたヨット 

 この景色は「南仏プロヴァンスを彷彿される」として、「水辺のユニバーサル・デザイン大賞2007」特別賞に選ばれたこともあるとか。

巡視船も係留 

 湾の東岸は工場や倉庫が建ち並んでいますが、西岸の一部に住宅が建てられています。
 なかなか瀟洒な住宅です。
 各家の出入り口は海側になく、玄関は反対側にあるのが特徴。

湾岸沿いの住宅 

 窓を開ければ海の景色。
 憧れるけど、水道管など金属類がすぐ錆びるのが心配。(自転車も)
      

 湾の奥は漁港です。
 ここは昔、相模湾で獲れた魚介類を江戸の魚河岸へ出荷する漁港として栄えたそうです。

奥のほうは漁港      

 一般人は漁港内に立ち入ることはできませんが、東岸に回ると漁港がよく見えます。

深浦漁港 

 そして東岸から先ほど歩いてきた西岸を見ると……、

東岸から見る対岸の景色 

 湾岸沿いの住宅が見えます。
 その上に見える銅板の屋根は正観寺の本堂かな。

      

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2026-2e068358