FC2ブログ

 ハーケンの穴だらけの切り立った岩壁をいくつか通りすぎ、とある岩の隙間を抜けると……、

岩壁の間を抜けると… 

 少し開けたところに出ました。
 振り返ると、岩に彫られた仏像。磨崖仏(まがいぶつ)です。
 なんと神々(こうごう)しい。思わず手を合わせました。

木々の間から見る磨崖仏 

 この磨崖仏は弥勒菩薩で、像高約8m、像幅約4.5m。
 彫刻家の藤島茂氏が昭和35年から約1年かけて製作したものだそうです。(「三浦半島・気ままに散歩」より)
 これを彫るのにどれほどの時間がかかったかは不明ですが、1年で彫り上げたというから、春夏秋冬ここに通い詰めて頑張られたのではないか。

近寄って見る 

 この磨崖仏、見る位置によって印象が違います。
 真下から見上げると、覆いかぶさってくるような迫力。

真下から見ると… 

 像の近くの解説板によると、
 鷹取山の由来には、太田道灌がここで鷹狩りをしたという説と、高いところを示す語に「タカットー」の原意があり、これが「タカトリ」となり、鷹取の文字をあてたものという説があるとのこと。
 当方にとってはどっちでもいい。
 鷹取山の名物はこの磨崖仏にあるのだから。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2021-7adb4928