FC2ブログ

 一昨日(08/18)金足農vs.近江戦を観たあと、「福岡河岸まつり」を見にふじみ野市の福岡河岸船着場に行ってきました。

燈籠を持って会場に入る人 

 昨年は台風がくるというので中止されましたが、今年はやっています。
 この祭りのメインは河川敷の燈籠。
 先祖や家族への思いが書かれた燈籠が河川敷に並べられ、6時前になると火が点けられます。

すでに点火されている 

 上の写真はもう点火されているのに、まだ明るい(18:22)ので、雰囲気はまったくなし。
 それでも18:40ぐらいになると、あたりが暗くなるので点火がはっきり見えるようになりました。

ようやく燈籠の雰囲気に 

 ステージでは生バンドもやっていますが……。
 最初に歌ったヴォーカルの女性は声にオーラがなくて、いきなり盛り下がっちゃった。しゃべりもつまらなかったし。その後歌った演歌のおばちゃんのほうがよほど声にオーラがあったぞ。

ステージの生バンド 

 他にはペットボトルを利用したロウソクの灯り。これはかがり火?

かがり火? 

 道にも灯りが点されていますが……。

道にも灯りが 

 やっぱり燈籠だなあ。
 点火しているおじさんに聞くと、この灯篭、以前は新河岸川に流していたけど、網ですぐ回収したため、非常に評判が悪く、また回収にも手間がかかるので、流さなくなったとのこと。

燈籠は流さずにこのまま 

 「燈籠の流しっぱなしは禁じられてるし、回収するには早めに流す必要がある。まだ暗くならないうちに流したので、情緒もヘチマもなかった」と関係者が自嘲的に語ってくれました。
 
          

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2014-47a5ee70