FC2ブログ

 逗子海岸の北に位置する浪子不動園地。

浪子不動園地 

 ここは昨年訪れた「披露山公園」の麓の緑地で、中腹に高養寺(白滝山)があります。

安養寺(浪子不動) 

 白滝というのは高養寺の裏手の崖に小さな滝が流れているかららしい。

安養寺裏手の滝 

 浪子不動のいわれについては、
 今から600年以上も昔、披露山(ひろやま)から不思議な光が差すようになり、魚が獲れなくなったのを、鎌倉・補陀落寺(ふだらくじ)の頼基法印(らいきほういん)があたりを調べると、岩の洞穴に石の不動尊を発見した。村人が大切に祀ったところ、また魚が獲れるようになったという話があり、当初は「浪切不動」とか、「白滝不動」と呼ばれていました。
      

 それが「浪子不動」といわれるようになったのは、徳富蘆花の小説「不如帰(ほととぎす)」がここを舞台にしており、主人公の「浪子」にあやかったとか。
 これについては2年前にも述べましたが、相変わらず「不如帰」は読んでないので、忸怩たる思いです。

徳富蘆花の文学碑 

 昭和8年(1933)、お堂の前の海中に徳富蘇峯(蘆花の兄)の筆による「不如帰」の碑が建てられました。これは園地からも見えます。

海中に石碑が建っているのが見える 

 ここにも「さくら貝の歌」の歌碑がありました。
      

 ♪うるわしきさくら貝ひとつ
 去りゆける君に捧げん
 この貝はこぞの浜辺に
 われひとり拾いし貝よ……

浪子不動にある「さくら貝の歌」の歌碑 

 これを作詞した土屋清(花情)は、元逗子役場の職員。成就しなかった初恋の思い出を胸に、砂浜を散歩するなかでこの詩が生まれたとか。
 この歌碑、鎌倉の材木差海岸でも見たけど、実は逗子が本場だったのか。
      

 海岸に出てみました。
 ここから見る逗子湾の景色はなかなかのものですが、海水浴場ではないので、人がいない。

浪子不動園地から見る逗子湾 

 すぐ近くに「不如帰」の石碑が見えます。

海中に建つ「不如帰」の石碑 

 ここは逗子海水浴場とはまったく様相が違いますが、なかなか味わい深いところです。

    

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/2010-e5628fcf