FC2ブログ

 連日暑い日が続いています。
    
 昨夜(07/17)もあまりの暑さに目が覚めました。時計を見ると10時05分。
 寝入ってまだ1時間だというのに。
 扇風機は点けっぱなしで、顔のあたりに微風が当たるようにしている(4時間に設定)のですが、これがまったく役に立たず、全身から大粒の汗がダラダラ。
    
 携帯電話を見ると「大井・30℃」の表示。(大井とは私の住んでいる埼玉県南部の一区画)
 夜も更けているのに30℃とは。
 これではとても眠れないので、昼間と同じくエアコン(27℃・3時間設定)を点けて寝ました。夜中に点けたのは初めてです。
   
 昼間の気温に関してはこのところ「大井・36℃」を表示しています。
 以前はあまりエアコンは使用しなかったのですが、ここ数年高齢者がバタバタと熱中症で倒れている。しかも埼玉県に多く、エアコンを使用しないケースが多いと聞いて、「背に腹は代えられない」と思うようになりました。
   
 一昨日、川越の友から電話があって、
 「こう暑いと、さすがのアンタも徘徊は難儀でしょう」
 「そうだよ。この炎天下にチャリでの徘徊は自殺行為。だから前もって横須賀まで行って、今はそのネタを小出しにしてるんだよ」
 「どうせなら16号を埼玉からチャリで行けばよかったのに」
 「ムチャいうな。そんなことしたら死んじゃうよ」
    
 その彼は夕方になると5000歩ほど自宅の近辺を徘徊しているそうです。
 「三途の川を渡るにも、足腰を鍛えとかないと渡れないからね」
 とは彼一流のいい回しですが、足腰を鍛えるのはけっこうなこと。当方にとっても励みになります。
   
 励みといえば一昨日、エコパに行ったら、
 「アンタ、しばらく見なかったね。てっきり死んだと思ったよ」
 「こなかったといっても5日ぐらいだよ」
 「ここでは3日こなかったら、死んだことになるんだよ」
    
 「3日とはひどいな。でもこう暑いと、こなくなる人も多いんじゃないの」
 「それはそうだけど、我われ(高齢者)にとっては、ここへくることが一種の生存確認でね」
 「生存確認ですか」
 「そうだよ。だからアンタも毎日こなきゃダメだよ」
    
 なるほど、そういえば私もここへきたとき、それほど親しくないオジサンに対しても、
 「あのオッチャン、今日もきているのか」と思うことによって、なんらかの「励み」になってい気がします。生存確認が一種の「励み」なのかな。
    
 それにしてもこの暑さ、今月いっぱい続くといいます。なんとかしてくれ。

    

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1981-7f3985db