FC2ブログ

 走水海水浴場をあとにしてゆるやかな坂を上ると、「破崎緑地」という展望デッキに出ました。

「破崎緑地」なる展望デッキ 

 説明板には、「ここからは東京湾に出入りする大型船を間近に眺めることができます。 猿島や房総半島など東京湾を一望でき、遠く富士山も望めます」とあります。
 ここは三浦半島の東海岸なので、富士が見えるのはちょっと不思議ですが、見えるとしたらおそらく西方向(海辺つり桟橋のあたり)の向こうではないか。
 そこでそちらの方向を見やりましたが、残念ながら富士は見えず。しかし眼下には、先ほどまでいた走水海岸が見えました。

デッキから西方向を見る 

 なるほど、あれが伊勢町橋か。こうして見ると、この景色もなかなかのもの。
 横須賀の人が「走水海岸の景色はいいよ」というのは、ここから見る景色なのかな。
   

 さらにそこから観音埼方向に進むと道は北東方向になり、岬のような広場に出ます。
 ここは「御所ヶ崎」といって、日本武尊(やまとたける)が上総に渡るために仮の御所を設け、軍旗を立てたことに由来するもの。「旗山崎」とも呼ばれています。

御所ヶ崎 

 そして渡ろうとしたとき、海が大荒れになって船が沈みかけたので、海の怒りを鎮めるために妻の弟橘媛命(おとたちばなひめ)が身を投げた、という伝説があります。

御所ヶ崎から見る上総方面 

 広場の東にある森にはその弟橘媛命が祀られた神社があったのですが、今は走水神社に移されています。
 御所ヶ崎から西を見ると、走水小学校が見えます。「こんなところに小学校が!」

御所ヶ崎から見る走水小学校 

 それもそのはず、「日本でいちばん海に近い学校」といわれています。
 いいなあ、教室からは毎日オーシャンビュー?
 これぐらいの高さなら高波の心配もなさそうだし。当方も通ってみたいぞ。

     

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1980-c041f62c