2018.07.14 うみかぜの路

 信楽寺をあとにして、海岸通りにやってきました。
 これは国道16号。川越など埼玉県各地を通っているだけに親近感があります。

海岸通り(国道16号)

 この海岸通りは「馬堀海岸」と呼ばれ、大きな石が敷き詰められたているのが特徴。
 馬堀海岸のいわれは、その昔、疲れきった馬が蹄で岩を掘ったら清水が湧き出し、その水を飲んで元気になったとか、水を求めて倒れた僧侶の前に白馬が現れ、そこを掘ったら清水が湧き出した……と諸説あります。
 またこの通りは「うみかぜの路」とも呼ばれています。

馬堀海岸  

 そこから海側に下りると海辺の道。

海辺の道(向こうは走水) 

 海を見ると、沖に猿島が見えます。
 振り返ると三笠公園側です。その先はおそらく米軍基地。

海辺から沖を見ると 反対方向は三笠公園

 この海岸は走水(はしりみず)まで約2km続きます。

馬堀海岸・全景(右は16号) 

 午前中ということもあるのか、ウォーキングやジョギングをする人が多い。
 それも圧倒的に高齢者。
 上半身裸のジイさんを3人も見かけました。潮風に当たることが健康に良いと思っているのか。

上半身裸で歩く人 

 走水近くでは、岩礁に囲まれた潮だまりで漁師さんが貝を採っていました。

潮だまりでは貝の採取が… 

 なんとものどかな光景です。この道は歩きごたえがあります。

      

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1977-ebbc26b9