歩道整備工事中の地蔵街道ですが、その近くで大掛かりな工事が行われていました。
 場所は三芳町上富。関越自動車道の脇ですが、大きなショベルカーが地中深く掘り下げている。それもかなり広い。

地下深く掘り下げられている 

 これは例の調整池?
 しかし工事の内容が書かれた掲示板を見ると、どうやら倉庫が建つようです。
 なーんだ。

工事現場・正面入り口 

 昨日も述べたように、このあたりで最も標高の高い場所は狭山湖→多摩湖→所沢→三芳→ふじみ野という順です。
 多摩湖決壊に備えて(?)所沢とふじみ野には数多くの調整池が設置されているというのに、三芳は皆無。「そんなことは起こらないだろう」と高を括っている?
 だとすると多摩湖決壊説は当方の勝手な思い込みで、所沢とふじみ野の調整池は他の目的があったのか。
     

 もっともこのあたりは三芳町のなかでも倉庫が密集した地域。
 三芳町は早くから工場や倉庫を誘致し、事業税をとっているので財政は豊かであるといわれてきた自治体。最近は他の自治体同様、赤字財政だとか。

周囲は倉庫街 

 そんな倉庫街に今回建設予定の倉庫は敷地面積14,070㎡、建設面積は8,216㎡、高さ24m、4階建てという大きなもの。
 赤字財政を少しでも埋めようと、大掛かりな倉庫を誘致した?

     

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1975-cb96c4ef