FC2ブログ

 「根岸なつかし公園」の南側の脇道を東に入ったところに「根岸八幡神社」があります。
 同社は「海上出現の八幡神」として近所に敬われているとのこと。

根岸八幡神社・鳥居   

 というのもその縁起はドラマチックで、HPによると、
 「今から1400年ほど前、根岸の海の沖合に突如金色の光が現れ、みやびやかな音が響き渡った。7日後、亀型の台座黒光りした神像が浜辺に打ち上げられていた。村人はこれを正八幡としてあがめ、滝頭村にお宮を建てたのが始まりである」(要約)

根岸八幡神社・拝殿    

 この手の話は神社縁起ではよくある話ではありますが……。
 「その後、明和3年(1766)に現在地へ遷座し、明治41年に天照皇大神、宇佐八幡大神、大山祇大神を合祀し、今日に至っている」(要約)ので、神社としてはかなりのものらしい。
   

 またここは、スダジイ、タブ、カクレミノ、ヤブツバキ、シロダモ、モチなどの常緑広葉樹で覆われた自然林であることから、天然記念物の指定を受け、「かながわの美林五十選」に挙げられているとか。

八幡坂①    

 その根岸八幡神社から東に向かうと、上りの細い石段があります。
 これがかなり急勾配で、しかもジグザグ階段。ふーッ、どこまで登らせる気だ。

八幡坂② 

 登り切ったところは住宅街で、さらに東に進むと不動坂の中腹に出ます。

不動坂・中腹 

 この不動坂は近くの「白滝不動」に由来するものですが、この坂の上にレストラン「ドルフィン」があるので、今では「ドルフィンのある坂」として知られています。

不動坂上 

 4年前にきたときはここでコーヒーを頼み、コーヒーカップ越しに貨物船を眺めましたが、今回はやめました。

レストラン「ドルフィン」 

 坂を上りきると正面に根岸米軍第5消防署があります。

ドルフィンの看板(向こうは米軍第5消防署)  

 横浜の坂もなかなか味わいが深い。

     

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1972-4a8ead49