FC2ブログ
2018.07.03 三崎港を徘徊

 三崎といえばやはり三崎港。
 ここもU字状の湾ですが、北条湾より広く水深が浅いのか小さな漁船が浜に引き上げられています。

三崎港・全景 

 ここには遊覧船の発着所があります。

遊覧船乗り場(右はうらり) 

 ちょうど城ヶ島へ渡る船が出航したところでした。
 写真を撮っていると、手を振ってくれる中学生も。可愛いものだ。

城ヶ島へ向かう遊覧船 

 城ヶ島行ったら「馬の背洞門」見てこいよ。
   

 またここには魚の産直センター「うらり」があります。
 ざっと見回っての感想は、魚は新鮮かもしれないけど、割安感はそれほど感じられない。
 とくにマグロを安く買おうとすると、ある程度多量買いする必要がある。

うらり内部 

 仮に当方がマグロの切り身を買ったとして、持ち帰るのは保冷が大変だし、途中に寄ることもできない。宅配に頼むと運送費がかかる。
 個人が魚を安く買うには車できて、多量に買い、クーラーボックスに詰めて帰るしかないのではないか。(それとて遠くからだとガソリン代、高速代、駐車料金などがかかるぞ)
 結局、魚は近所の魚屋さんで買ったほうがいいのではないか。(身もフタもない結論で悪いネ)

うらりの対岸から見る三崎港の奥 

 当方が三崎へくるのはマグロが目的にあらず、景色を観ることにあり。

三崎港(奥から見た景色) 

 三崎港でうろうろしていると、地元のおばさんから声をかけられました。
 「どちらへ行かれるんですか?」
 「バス停です」
 「それならこちらへ行くと着きますよ」
 わかっています。どうやら道に迷っていると思われたらしい。ご親切に。

三崎港の奥にある三崎公園 

 バス停(三崎港)は三崎港奥の三崎公園にあります。
 公園というほどでもないけど、待合所もあって三崎のバスターミナルになっています。
 当方もここから三崎口行きのバスに乗り、三崎をあとにしました。

      

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1966-30f9cc83