FC2ブログ

 昨日(06/20)は歯の受信日。
 医師はいきなり「今日は(金属が)欠けたところをやります」
 とのことで、こちらがいうまでもなかった。
 (もっともどう考えても優先順位はこれでしょうけど)
     

 「歯を削るけど、我慢する? それとも麻酔する?」
 と聞かれたので、迷うことなく「麻酔」と答えました。
 これまでも痛みというのはそれほどでもなかったけど、ときどき歯茎がキーンと沁みるのが不快なので、最近は我慢しなくなりました。
    

 歯を削られるのは何回もやられているので、もう慣れていますが、それでもやはり苦しい。口を大きく開け続けることと、呼吸ができなくなること。
 それに喉の奥に唾液が溜まる。これは助手がバキュームで吸い取っているのですが、取り切れないこともあって、息がつまる。
 今回は20分ぐらいぶっ続けでやられました。(1回うがいしたかな)
 そのほうが早く済むので、こちらも精いっぱい口を開け続け、協力したのですが。
   

 それが終わって今度は型取り。
 これは樹脂が乾くまで待つ時間も含めて10分ほど。
   

 その間、周囲の診察台からいろんな会話が聞こえてきましたました。

 となりの台では、「大分磨き方が上手になりましたねえ」と助手にいわれ、「ええ、やっとコツがつかめました」とうれしそうにいうおじさん。(わかります)
   

 向こうのほうでは、「これはもうダメですねえ。歯槽膿漏がどんどんひどくなってます」といわれているおじいさん(?)。うーむ、明日はわが身か。
    

 かと思えば、「お願いします」と元気にあいさつしている男の子。
 治療中、泣くこともなかった。エラい。(息子もそうでしたが)
    

 反対側からは、「これで今回の診察は終わります。次回は6ヶ月後になりますが、そのときにこちらからハガキを出しますので予約なさってください」
 この歯科医院はアフターケアもおさおさ怠りない。
    

 というわけで仮のもの(合成樹脂?)を被せられて診療は終わり。
 次の診察(06/29)で金属を被せられるらしい。
 仮とはいえ欠けた奥歯にカバーをされてこちらはひと安心。
 冷水でうがいしても沁みることはなくなったし。
     
 (「歯の受難期?」シリーズは、ひとまずこれで終わります)

        

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1954-8b775c98