FC2ブログ

 港の見える丘公園にも行きました。
 ここは花の宝庫。
 先ずは展望台から大佛記念館の途中にある沈床花壇。

沈床花壇の噴水 

 ここには約100種、500株のバラが植えられているそうですが、バラの他にもいろんな花が植えられています。

沈床花壇(向こうは大佛記念館)  

 ふだんはあまり人がいないのに、この時期はかなりの混雑。

大佛記念館前

 バラの力、恐るべし。
   

 いつもは大佛記念館から霧笛橋を渡って近代文学館のほうから降りるのですが、この日はその反対側のバラとカスケードの庭に向かいました。カスケードとは階段水路のことらしい。

バラとカスケードの庭① 

  ここには約80種、500株のバラが植えられているそうです。
 バラの花そのものではなく、背景も撮りたくなります。向こうにみえるのはイギリス館。

バラとカスケードの庭② 

 またここから洋風四阿を見る景色も素晴らしい。
 タチアオイ(立葵)がもう咲いています。

バラとカスケードの庭から見る洋風四阿 

 そこからイギリス館前はイングリッシュローズの庭。
 ここには約150種、1200株のバラが植えられているそうです。

イングリッシュローズの庭 

 とくにイギリス館前のバラは圧巻。

イギリス館前のバラ 

 ここでも早やアジサイが咲いていましたが、珍しいものを見ました。
 それはアジサイの前にすっくと立っていた黒のタチアオイ。

黒いタチアオイ 

 タチアオイというとふつうは赤、白、ピンクですが、真っ黒な花びらのタチアオイというのは珍しい。
 偶然生まれたものなのか、それともいろんな種類を交配してつくられたものなのか。
 おそらく後者でしょう。それも何度も試行錯誤してつくられたに違いない。
 それを想像すると、貴重なものを見せてもらった気がします。

       

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1928-a7841dc5