FC2ブログ

 横須賀きっての繁華街、中央大通りに「三笠ビル商店街」というビルがあります。全長180m、4階建ての細長いビルで、1階部分に約70軒の店舗が並んでいます。

三笠ビル商店街・入口 

 原型は明治時代末期にできた「大滝町商店街」といわれ、昭和34年(1959)、今のビルが建設されました。当時、日本でも画期的な商店街として注目されたそうです。
 三笠ビルの名は、その様子が戦艦三笠に似ていることからつけられたとのこと。

三笠ビル商店街 

 雰囲気は六角橋商店街に似ていますが、六角橋より道幅は広く、人通りも多い。
 八百屋が3店も入っており、野菜が安いと感じました。以前、バナナを買って帰ったこともあります。

野菜が安い 

 通りのなかほどに「豊川稲荷 成田不動尊」の案内があります。
 そこを曲がりドアを開けると、眼前に赤い手すりの急な石段が迫ります。
 商店街とのギャップに面食らうのですが、上らなければしょうがない。半ばヤケクソで上りました。

上りの石段(右は豊川山の石碑) 

 何段上ったか(200段以上?)、ようやく山門に着きました。

徳寿院・山門 

 ここは寺社一体で「豊川山徳寿院」という曹洞宗のお寺でありながら、明治9年(1876)愛知県の豊川稲荷(円福山妙厳寺)から祭神を分祀したという稲荷神社。同時に成田不動尊の横須賀別院でもあります。

徳寿院・本堂 豊川稲荷・祠

 狭い境内ですが、緑は豊かです。商店街とは別世界。

徳寿院・境内 

 それに高いところに上ってきたので、横須賀の街並が見えます。ただし高い建物に遮られて、視界はそれほどでも。

境内から見る景色 

 ふーむ、よくわからないけど、商店街の商売の神様?
 そんなことを思いながら下山しました。

       

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1922-0baf5c3a